韓国旅行「コネスト」 ソウル-釜山KTXが1日に完全開通…経済効果は4137億ウォン(1)。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

ソウル-釜山KTXが1日に完全開通…経済効果は4137億ウォン(1)

お気に入りに追加 (登録者 : 1人)  印刷する
来月1日にソウル-釜山(プサン)KTXが完全開通する予定で、列車が通過する地域付近の約3500万人が2時間台の生活圏で結ばれることになった。 これを受け、関連地域の経済はもちろん、観光や文化など各方面にも大きな変化が予想されている。

ソウル-釜山間は1905年の京釜線鉄道開通当時17時間かかった。 60年代にムグンファ号が登場して6時間台、80年代にセマウル号が登場して4時間台に短縮された。来月1日にKTXが完全開通すれば、所要時間は2時間18分になる。 韓国交通研究院は、京釜線KTXの乗って移動する人口が2011年には一日平均10万7000人になると推算した。

11月から京釜線付近地域の自動車利用者が減少し、来年は石油の節約など1年間に4137億ウォン(約300億円)の経済効果が発生すると、交通研究院は推算した。 道路で浪費する時間の節減効果2175億ウォンに、燃料費(1112億ウォン)、交通事故(529億ウォン)、ばい煙(321億ウォン)などの低減効果を合わせたものだ。

また金泉(キムチョン)・五松(オソン)・蔚山(ウルサン)・慶州(キョンジュ)など新しいKTX駅停車都市は、他の都市との経済交流および消費市場潜在力(他都市の居住者の遠征消費)が10-60%増える見込みだ。 ソウル・大田(テジョン)・忠清南道(チュンチョンナムド)居住者のうち、慶州・蔚山・浦項(ポハン)を訪れる観光客は年間250万人ほど増えると予想される。

COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2010年10月28日 15:20
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国アイドル 1億人を動かす影響力
スーバージュニア 遂に新音盤発売
住居価格高騰で「脱ソウル」ラッシュ
Rain、結婚5年目を打ち明ける
「ミナリ」 公開初日に動員数1位
新規コロナ感染者数424人
俳優ジス 過去の暴力への謝罪文掲載
韓国20代、史上最悪の就職氷河期
家飲み増加でワイン輸入が過去最高
韓国、ワクチンパスポート導入慎重に
週間アクセスランキング
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
3月から留学生健康保険の加入義務化
21.02.26
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]