韓国旅行「コネスト」 ソン・イェジン、新作映画で破格のイメージチェンジ。韓国の芸能ニュース
KONEST

ソン・イェジン、新作映画で破格のイメージチェンジ

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
映画「無防備都市」でスリ組織のリーダー役を務めイメージチェンジを図った女優のソン・イェジンが15日、「今までと180度違うキャラなので、シナリオを読んで引き受けるかどうか悩んだ」と心情を明かした。
 釜山市内で行われた記者懇談会でソン・イェジンは、出演オファーを受け、職業と性格の面でこれまでに見せてきたキャラとまったく違うイメージで自信がなかったが、冒険でありチャンレンジでもあると考え引き受けたと話した。同作品については、女優になって初めて、観客がどのように自分を見るか悩まされた作品だと紹介し、本人の利益のためには他人を犠牲にする怖い女性だが、単純な悪女ではなく、よく見れば軟弱な面もある姿を描こうとしたと自身の役を説明した。

 スリ組織を追う捜査隊の刑事を演じるキム・ミョンミンは、ドラマ「白い巨塔」でのイメージが強いとの指摘に、「観客はこれまでチャン・ジュンヒョク、李舜臣(イ・スンシン)将軍など、ドラマの役名でわたしを記憶しているようだが、この映画を見るときはその名前を思い出させないよう努力している」と述べた。劇中のラブシーンでは、「ソン・イェジンと行くところまで行った」とユーモアを交えながら、数日前に軽くベッドシーンを撮影したが、普通の人のラブストーリーではなく、身分が違いながらも致命的な魅惑にはまった姿に力を入れたと話した。

 イ・サンギ監督は映画のタイトルについて「いまの韓国はスリ犯罪に無防備な状態にあるという意味」と説明し、ロベルト・ロッセリーニの同名の映画が好きで、良い映画を作りたいという個人的な思いも込めたと話した。シナリオ作成に当たっては刑事らと直接会って話を聞き、犯罪の手口などもうまく表現しアクションとしても楽しませたいが、最も重要なことはヒューマンドラマを描くことだとしている。

 スリ組織と警察広域捜査隊の対決を描いたアクション映画「無防備都市」は来月にクランクアップし、来年1月に公開予定だ。

COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2007年10月15日 19:51
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国アイドル 1億人を動かす影響力
スーバージュニア 遂に新音盤発売
住居価格高騰で「脱ソウル」ラッシュ
Rain、結婚5年目を打ち明ける
「ミナリ」 公開初日に動員数1位
新規コロナ感染者数424人
俳優ジス 過去の暴力への謝罪文掲載
韓国20代、史上最悪の就職氷河期
家飲み増加でワイン輸入が過去最高
韓国、ワクチンパスポート導入慎重に
週間アクセスランキング
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
3月から留学生健康保険の加入義務化
21.02.26
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]