韓国旅行「コネスト」 <サッカー>あす韓日戦…日本のスピードを封じる秘策は?。韓国のスポーツニュース
KONEST

<サッカー>あす韓日戦…日本のスピードを封じる秘策は?

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
「日本の速い前進パスを封じる守備方法を見つけだす」。韓日戦(12日午後8時、ソウルW杯競技場)を控えて趙広来(チョ・グァンレ)韓国サッカー代表チーム監督が「守備」を取り上げた。

日本は8日、アルゼンチンを相手に1-0で勝利した。勢いに乗っている日本に勝つには「堅い守備が先」というのが趙監督の考え方だ。

10日、国内組13人が坡州(パジュ)サッカー代表チームトレーニングセンター(NFC)に入り、日本戦の招集選手24人全員がそろった。日本-アルゼンチン戦を現地で観戦した趙広来監督は守備の強化を力説した。

趙監督は「日本は攻撃の時、中盤でのパスの回数を減らし、前方にパスを送って速い攻撃をする。当初はフォーバックの守備を考えていたが、むしろスリーバックが効果的かもしれない。スリーバックとフォーバックをともに準備する」と話した。

うまく防いでも勝つにはゴールが必要だ。攻撃練習の焦点は、中央MFに入る朴智星(パク・チソン、29、マンU)を中心に、守備から攻撃に素早く切り替えるプレーに合わされた。

趙監督は「日本代表は前監督(岡田武史)時代、自陣に引きながら守備をしていたが、新監督(アルベルト・ザッケローニ)就任後は(守備ラインが)果敢に前進する姿が目立つ」と指摘した。朴智星を活用した速い突破と2対1のパスで日本の守備を揺さぶるというのが趙監督の腹案だ。

朴智星は「日本がアルゼンチンに勝ったことに驚いている。しかし気後れする必要はない。負担の中でも勝たなければいけない試合ということを選手はみんな知っている」と述べた。

デビュー戦でアルゼンチンを降して好スタートを切ったザッケローニ監督も守備を重視している。10日に金浦(キンポ)空港に到着した日本代表は、午後から坡州(パジュ)NFCで練習をした。日本はフォーバックの守備ラインと2人の守備型ミッドフィルダーが有機的に動きながら攻撃を防ぐ練習をした。イタリア出身のザッケローニ監督はアルゼンチン戦で6人を守備に加担させて勝利を収めた。

日本代表は主力選手のうちGK川島永嗣(リールセSK)と看板DF中澤佑二(横浜)、田中マルクス闘莉王(名古屋)がけがのため訪韓できなかった。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2010年10月11日 14:54
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者416人
ワクチン接種 開始9日で30人万超
「社会的距離」草案4段階に簡素化へ
ホン・サンス監督ベルリン脚本賞受賞
電車でハンバーガー食べた女性を立件
ソウル五輪主題歌歌手 がんで死去
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
出入国・外国人管理機関訪問予約制に
ワクチン副反応が新たに860件
BTSグローバル・アーティスト1位
週間アクセスランキング
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
21.03.05
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
コロナ終わった?3連休で各地賑わう
21.03.02
韓国アイドル 1億人を動かす影響力
21.03.04
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]