韓国旅行「コネスト」 光州ビエンナーレ、お勧めは「テーマ別観覧」。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

光州ビエンナーレ、お勧めは「テーマ別観覧」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【光州30日聯合ニュース】10日に開幕した現代美術の祭典・2010光州ビエンナーレは、「万人譜(10000LIVES)」というテーマからも分かるように、世の中のあらゆるイメージが一堂に会しており、巨大な「イメージの博物館」をほうふつとさせる。多くのイメージをテーマごとに観覧すれば、テーマの持つ意味をさらに身近に感じられると、主催側は提案している。
▼家族愛を探して

 アンディ・ウォーホル氏は「タイムカプセル-27」で、母親の手紙やはがきなどを作品に投影させ、母親への愛を表現した。また、アリス・コック氏による家族へのビデオレター「家族台本」は、イメージの力を用いることで、離れていても大切な人を身近に感じさせてくれる。

 崔光鎬(チェ・グァンホ)氏の連作「家族」は、古い白黒写真で生と死を表現した。愛する家族のヌードで親密さと喜び、苦痛を表現しており、まるで一家族の一代記が巨大な歴史のように映る。

▼歴史の瞬間

 ハンスペーター・フェルドマン氏は2001年に起こった米国同時多発テロ事件の翌日、9月12日の各国新聞の1面を集めた。同じ事件でもさまざまな視角があることがわかり、興味深い。

 ポール・フスコ氏は暗殺されたケネディ元米大統領の葬儀列車を撮影し、1960年代当時、著名人の相次ぐ死に衝撃を受けた大衆の姿を見せている。グスタフ・メッツガーの「歴史的写真」は、人々の前で通りを拭くよう強要されるユダヤ人の写真を大きく拡大して展示した。

▼ちりも積もれば…

 「可視的な世界」は、ペーター・フィッシュリ氏とデビッド・ワイス氏が20年間旅行地で撮影した3000枚の写真を用いた作品だ。記念写真のように私的な雰囲気を持つが、旅行先で出会ったさまざまな人や風景が収められている。

 Ydessa Hendels氏の「テディベア・プロジェクト」は、1900年から1940年までのテディベアを収めた写真3000枚余りを集めた大型作品。実物のテディベアも展示され、テディベア博物館を思わせる。

COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2010年09月30日 13:16
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
ジミンの衣装 オークション取りやめ
ソウル市長就任式、コロナで来賓3人
仁川空港が外国人の無入国観光を検討
「アースデー」青瓦台は菜食メニュー
昌徳宮で楽しむ夜間観覧 29日から
韓国の新規コロナ感染者735人
川端康成の小説集 韓国で翻訳出版
韓国コロナ余波で昨年10大経済国に
イ・ボヨン主演ドラマ5月にスタート
「ヴィンチェンツォ」撮影ロケ地
週間アクセスランキング
パクソジュンら主演映画クランクイン
21.04.16
俳優パク・チュンフン飲酒運転で送検
21.04.19
韓国政府が「特別旅行注意報」再延長
21.04.16
5月から世界のマックでBTSコラボ
21.04.20
JYPがオーガニック化粧品に出資 
21.04.16
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]