韓国旅行「コネスト」 <インタビュー>来韓した日本の人気脚本家・尾崎将也さん。韓国の芸能ニュース
KONEST

<インタビュー>来韓した日本の人気脚本家・尾崎将也さん

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル10日聯合ニュース】視聴率のストレスは多くプレッシャーも大きいが、それを克服する方法は、「ただ無視して書きたいように書くこと」。日本の人気ドラマ「結婚できない男」を執筆した脚本家、尾崎将也さんは、視聴率重視のストレスに対処する秘訣(ひけつ)をこう説明した。
 数々のヒットドラマを執筆した尾崎さんは、このほど第5回アジア放送作家コンファレンス(9~10日)に出席するため来韓。9日に聯合ニュースとのインタビューに応じた。訪韓は4回目だが、来るたびに韓国特有の活気を感じると語った。

 尾崎さんの作品は、韓国で人気が高い。「結婚できない男」は、仕事で成功しながら、なかなか結婚に踏み込めない独身男性の心理を鋭く描いた。韓国でリメークドラマも制作された。「白い春」では、刑期を終え出所してから初めて会った娘をそばで守る男性の心理を絶妙に表現した。

 せりふは多くないが、人を魅了するあらすじがあるのが尾崎さんの作品の特徴だ。尾崎さんは「事件から事件へと見どころをつないでいくより、人間(キャラクター)の気持ちをゆっくり伝えていくのが、わたしの作品の特徴」と説明する。テレビは人間について詳しく表現できるメリットがある媒体だと考え、そのためスケールの大きな画面よりも、人間の気持ちを視聴者に伝えようと努力していると話した。

 尾崎さんの作品には、俳優の阿部寛がよく登場する。「結婚できない男」「白い春」「アットホーム・ダッド」は彼が主演だ。まるで自分の分身のように、息がぴったり合うのだという。「結婚できない男」は、阿部を念頭に書いた作品だと紹介した。阿部以外の主人公は考えたことがなく、韓国で誰が演じても似合わないと思っていたが、チ・ジニ主演の韓国リメーク版を見たところ案外似合っており、面白かったと評価した。

 韓国でも日本のドラマ人気が徐々に高まっていると伝えると、日本のドラマは人間の気持ちを細かく掘り下げていくところが特徴で、そうした部分に韓国の視聴者も魅力を感じているようだと話した。

 印象深かった韓国ドラマを訪ねると、「朱蒙(チュモン)」を挙げた。ドラマというより映画のようなスケールが印象的だったという。韓流ブームに対しては、韓国ドラマの新鮮さが日本の視聴者にアピールした結果だろうとしながら、今後は「ブーム」を超え、両国のドラマが交流を通じ発展していくことを願っていると述べた。


COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2010年09月10日 12:27
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
大手事務所サイダスHQ代表が辞任へ
ザ・現代ソウル、英誌でデザイン賞
韓国の新規コロナ感染者511人
済州航空・機内食カフェがオープン
BoAの兄が腹膜がんを告白
海外で韓国のチョコパイが人気
電動キックボード 原付き免許必要に
今月の少女、文化海外広報大使に就任
全斗煥元大統領が控訴審初公判を欠席
釜山ワンアジアフェス1300万視聴
週間アクセスランキング
女優ホン・スヒョン 一般男性と結婚
21.05.06
チャ・ウヌ 来月オンラインファンミ
21.05.06
ワクチン接種者 きょうから隔離免除
21.05.05
済州航空日本線の取消変更1回無料に
21.05.07
ユン・ヨジョン 8日に凱旋
21.05.07
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]