韓国旅行「コネスト」 秋夕の資金14兆5千億ウォン、政府物価安定案。韓国の経済ニュース
KONEST

秋夕の資金14兆5千億ウォン、政府物価安定案

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル2日聯合ニュース】政府が物価の安定に向け、需給安定、関税割当、不公正行為の点検などあらゆる手段を動員する。また、中小企業などの秋夕(中秋節)資金難を緩和するため、14兆5000億ウォン(約1兆332億円)の融資と保証を供給する。政府は2日、非常経済対策会議を経てこうした内容の「秋夕の民生・庶民物価安定案」を発表した。
 政府はまず、秋夕を前後した資金需要を勘案し、韓国銀行3000億ウォン、韓国産業銀行・企業銀行2兆2000億ウォン、市中銀行6兆9000億ウォン、中小企業庁500億ウォンの9兆4500億ウォンと保証5兆ウォンなど、総額14兆4500億ウォンを供給することにした。

 低所得層68万世帯が5222億ウォンを申請した勤労奨励金を前倒しで支給し、超過納付された所得税250億ウォンを零細自営業者など35万人に秋夕前に還付する。

 急騰中の生鮮食品をはじめとする秋夕物価の安定に向け、ダイコン、ハクサイ、リンゴ、牛肉など農畜水産物15品と公衆浴場など6つの個人サービス料金の計21品目に対し、集中点検を実施する。祭祀用品などに対する供給は最大4倍まで増やす。

 政府はまた、生活に密接した物価の安定を目指し、農畜水産物、地方公共料金など部門別に対策を推進する。

 短期的には、ここ3年で20~30%ずつ値上がりした練炭価格を凍結し、石油製品の場合、価格表示板を移動式から固定式に変え、セルフ式のガソリンスタンドを増やし、値下げを誘導する。

 小麦粉、氷菓類、製パンなど加工食品に対しては、便乗値上げや談合がないよう、不正行為を集中的に監視する。また国民生活に密接し、国内外の価格差の大きい洗濯洗剤、化粧品、バス用品などに対しては、関税割当を進め国内価格の引き下げを促す。

 地方公共料金に対しては、地方自治体の価格安定努力の度合いに応じて、行政・財政上のインセンティブを提供する予定だ。

COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2010年09月02日 14:21
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
パク・ソジュン主演ドラマが漫画化
コロナ自主隔離中に抜け出し実刑判決
韓国の新規コロナ感染者715人
KAISTがグローバル企業に選出
早くも夏日 ソウルの最高気温29度
がん闘病中のBoA兄、応援に感謝
電動キックボード 無免許は違反に
7月から新しい防疫基準を適用
韓国ビール「TERRA」の輸出開始
BTS米音楽賞で新曲ステージ初披露
週間アクセスランキング
女優ホン・スヒョン 一般男性と結婚
21.05.06
チャ・ウヌ 来月オンラインファンミ
21.05.06
海外で韓国のチョコパイが人気
21.05.11
済州航空・機内食カフェがオープン
21.05.11
済州航空日本線の取消変更1回無料に
21.05.07
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]