韓国旅行「コネスト」 民間の日本徴用者死亡記録、5600人余り初確認。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

民間の日本徴用者死亡記録、5600人余り初確認

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
日本植民地時代に日本に強制連行され日本企業の作業場や炭鉱などで労働を強いられ死亡した民間の朝鮮半島出身徴用者5600人余りの死亡記録が、日本政府により初めて確認された。

国務総理室所属の「対日抗戦期強制動員被害調査および国外強制動員犠牲者など支援委員会」は26日、日本外務省から先ごろ、日帝時代の労務徴用者の死亡記録「埋葬・火葬許可証」の引き渡しを受けたと明らかにした。

菅直人首相が、韓日強制併合100年を迎え今月10日に発表した談話で、朝鮮半島出身者の遺骨返還など具体的な事案に言及してから、日本政府が当該資料を提供したのは初めて。これまで一般労務動員者に関する具体的な資料はほとんどなかった。

「埋葬・火葬許可証」は、死亡者を埋葬または火葬する前、死亡者が居住していた地方自治体の長に死亡者の身元、死亡原因、埋葬・火葬方法などを届け出、承認を受けた際に発給される証書。死亡者の姓名、本籍、住所、生年月日、性別など基本的な身元情報だけでなく、職業、作業場名、死亡した日時・原因・場所、埋葬・火葬申請者の姓名と住所なども細かく記されている。

今回引き渡されたのは、日本の47都道府県・1727地方自治体のうち、10都道府県・82自治体から収集したもので、1930年代末から1950年代初めの死亡者がほとんどだ。

支援委員会は、この資料は朝鮮半島出身者が強制徴用され日本で死亡した事実を立証しており、遺族確認や慰労金の支払いに直接結びつくものだと評価した。また、動員された地域も記録されていることから、動員した企業の地域別分布把握にも役立つなど、活用価値は非常に高いと期待を示した。

日本の地方自治体は文書保管期間を20年と定めており、多くの自治体がすでに日帝時代の記録を廃棄していると思われるが、一部にはまだ文書が残されている可能性もあり、新たな記録入手も可能な見通しだ。支援委員会関係者は、日本政府のより積極的な努力を促した。


COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2010年08月26日 09:56
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
BTSのツアー映画 米授賞式で受賞
韓国国防部、将兵への粗末給食認める
21日 次期防疫レベルを発表
文大統領 民主主義、コロナ克服に
韓国の新規コロナ感染者528人
鬼滅の刃 累積観客200万人突破
BTS 米番組のコンサートで一番手
AZ製ワクチン接種の50代警官死亡
IUが総額5億ウォンを寄付
ロッテ免税店ネット会員が70万人増
週間アクセスランキング
パク・ソジュン主演ドラマが漫画化
21.05.13
7月から新しい防疫基準を適用
21.05.12
女児虐待死事件 養母に無期懲役判決
21.05.14
韓国ビール「TERRA」の輸出開始
21.05.12
韓国政府が「特別旅行注意報」再延長
21.05.14
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]