韓国旅行「コネスト」 イ・ジュンギ、6・25写真展解説する。韓国の芸能ニュース
KONEST

イ・ジュンギ、6・25写真展解説する

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
先月入隊したイ・ジュンギ(28)が6・25戦争写真展示会の解説士を務める。

国防部が6・25戦争勃発60周年を迎えて企画した写真展「境界で」の案内役となったのだ。イ・ジュンギ二等兵は先月3日、論山訓練所に入所し、5週間の新兵教育訓練を受け、14日、国防広報員広報支援隊員(芸能兵士)に選抜された。新参者である彼に案内役の任務が与えられたのは普段から6・25戦争に対する関心があったからだという。

「6・25戦争60周年が軍人の身分である私に新しく近付きました。韓半島分断現実を眺めた10人の作家たちの新しい視覚の盛られた作品がおもしろく、個人的でも良い経験になると期待しています」

写真展「境界で」は痛みと美しさ、人間と自然、欲望と禁断、分断と統一、韓半島と世界の境界を描いた作品80点が展示される。チュ・ミョンドク、カン・ウング、ク・ボンチャン、チェ・グァンホ、イ・ガプチョル、オ・ヒョングン、コ・ミョングン、ナンダ、ウォン・ソンウォン、ペク・スンウら、我が国を代表する写真作家10人が作業に参加した。写真展は6・25戦争勃発60周年である25日開幕し、8月20日まで開かれる。展示場所はソウル鍾路区通仁洞大林美術館だ。イ二等兵は毎週水曜日と日曜日の訪問者を担当する。

「今回の写真展は6・25戦争主要戦跡地と戦後世代の姿、戦争と痛みのような心理的話題を写真芸術で記録して解釈した最初の試みです。特に写真展のために作家たちが東海岸最北端高城(コソン)で撮影した日が天安艦沈没事件が発生した3月26日です。まだ戦争は終わっていなかったという事実を見せてくれたのですね」

まだ軍隊は不慣れだというイ二等兵だが、すでに解説者に変身していた。

COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2010年06月17日 11:11
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国、ワクチンパスポート導入慎重に
ソウル市の人口が1千万人以下に
ピクサー、韓国おばあさん主題アニメ
APRIL「メンバー間いじめ」論争
オリンピック公園にKPOPスタジオ
新規コロナ感染者数444人
アストラゼネカ 高齢者への接種検討
「ザ現代ソウル」に瑞典SPA1号店
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
コロナ終わった?3連休で各地賑わう
週間アクセスランキング
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
3月から留学生健康保険の加入義務化
21.02.26
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
21.02.25
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]