韓国旅行「コネスト」 4人家族の夕食費2万4千ウォン、5年間で41%増。韓国の経済ニュース
KONEST

4人家族の夕食費2万4千ウォン、5年間で41%増

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル16日聯合ニュース】ここ数年間で果物や野菜の値段が急騰し、4人家族の夕食を用意するのに5年前に比べ40%以上多くの費用がかかるようになった。
 名目賃金上昇率が過去5年間3.4~6.9%増にとどまり、昨年はマイナス0.5%を記録したが、これを大幅に上回る数値で、物価上昇に所得上昇が追いつかず庶民の生活が一層厳しくなっていることを示している。

 聯合ニュースは韓国物価協会とともに、過去5年間の4人家族の夕食費を分析。それによると、ことし6月現在の夕食費は2万4063ウォン(約1790円)で、5年前に比べ41.4%多かった。

 調査は、ソウル大学・食品栄養学科のユン・ジヒョン教授が提示した4人家族の夕食標準メニューを基準にした。雑穀米(各雑穀合わせ480グラム)、ホウレン草のみそ汁(ホウレン草400グラム、みそ800グラム)、サムギョプサル(豚三枚肉)炒め(500グラム)、肉に添える野菜(サンチュ、エゴマの葉計600グラム、きゅうり2本)、食後の果物としてマクワウリ(400グラム)。

 このメニューにかかる費用は、2005年は1万7021ウォン、2006年は1万8706ウォン、2007年は1万7739ウォンだったが、2008年に2万113ウォンと、初めて2万ウォン台を記録した。昨年2万296ウォンで前年より小幅に増えたのに続き、ことしも冷害や大雪などで野菜と果物の値段が急騰し、2万4063ウォンまで大幅に増えた。

 サンチュとエゴマの葉は5年間で80.0%、ほうれん草も55.5%値上がりした。一方、穀類価格は2005年6月と比べ、8%程度の上昇にとどまっている。サムギョプサルもは大きな変動がなかった。

 物価協会のキム・ギイル調査研究員は、韓国の食卓に必須のキムチに入る白菜やトウガラシなどの価格上昇分を反映すると、夕食費の上昇率はさらに高まると話す。青果価格は安定を取り戻しているが、庶民の感じる物価は依然、高いままだと伝えた。

COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2010年06月16日 10:50
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国アイドル 1億人を動かす影響力
スーバージュニア 遂に新音盤発売
住居価格高騰で「脱ソウル」ラッシュ
Rain、結婚5年目を打ち明ける
「ミナリ」 公開初日に動員数1位
新規コロナ感染者数424人
俳優ジス 過去の暴力への謝罪文掲載
韓国20代、史上最悪の就職氷河期
家飲み増加でワイン輸入が過去最高
韓国、ワクチンパスポート導入慎重に
週間アクセスランキング
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
3月から留学生健康保険の加入義務化
21.02.26
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]