韓国旅行「コネスト」 太王四神記視聴率『グエムル』とぶつかり大ダウン。韓国の芸能ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
【Klive】1+1で80%OFFのオトクなチャンス!
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 芸能 > 太王四神記視聴率『グエムル』とぶつかり大ダウン

太王四神記視聴率『グエムル』とぶつかり大ダウン

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
ペ・ヨンジュン、ムン・ソリ主演MBC水木ドラマ『太王四神記』が映画『グエムル−漢江の怪物−』と同時間に放送され、視聴率が大幅下落した。

視聴率調査会社TNSメディアコリアによると26日放送された『太王四神記』第6話全国基準23.4%で同時間帯1位を記録した。

しかしこの日、秋夕(チュソク、中秋)特集の映画、ソン・ガンホ、パク・ヘイル、ペ・ドゥナ主演『グエムル』が放送され、視聴率が大幅ダウンした。

『太王四神記』とぶつかったKBS2『グエムル』1部は17%、2部23.1%を記録した。

『太王四神記』は20日、5回31.5%、4回31.7%、13日3回26.9%、12日2回26.9%、11日1回20.4%など毎回視聴率が上昇してきた。

同時間帯放送されたキム・スンウ、ペ・ドゥナ主演SBS『完璧な隣人に出会う法』19話は10.4%で、先週の14.6%に比べ小幅ダウンした。

『太王四神記』はこの日の放送でタムドク(ペ・ヨンジュン)の誕生の秘密が放送され、注目を集めた。





COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2007年09月27日 12:52
韓国の芸能のニュース     もっと見る 
  • Rain、大邱世界陸上選手権の広報大使に
  • 木村拓哉が釜山映画祭に参加、ソウルでファンミも
  • 11月1年間、米国留学へ…Rainインタビュー
  • 『太王…』、民族の誇りと海外ファンの間に立つ
  • 『愛』ボックスオフィス1位に
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    金正男毒殺、請負殺人の可能性高まる
    韓国映画、正月映画2作がヒット
    韓国の新小学生、ハングル授業が倍に
    サムスン電子、企業イメージ陥落
    韓国大統領選支持率、文氏がトップ
    冬季種目好きな日本、平昌に関心高い
    TWICE、初の単独コンサート開催
    イ・ミンホのファンミに6千人歓声
    倉本裕基、3月来韓コンサート開催
    忠清南道で観光商品を開発
    週間アクセスランキング
    マートに行ったチョン・ジヒョン
    17.02.16
    T.O.P陸軍訓練所入所写真を公開
    17.02.16
    最近流行の韓国女性の化粧法は?
    17.02.17
    韓服姿で卒業式
    17.02.16
    韓国に来た羽生、キム・ヨナ並み...
    17.02.15
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2017 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]