韓国旅行「コネスト」 脱北者拉致して北送…スパイ容疑者を拘束。韓国の政治ニュース
KONEST

脱北者拉致して北送…スパイ容疑者を拘束

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
ソウル中央地検公安1部は北朝鮮に包摂され、中国で韓国の機密情報を抜き取って脱北者を強制北送するなどスパイ活動をした容疑(国家保安法違反など)でキム某容疑者(55)を拘束したと12日、明らかにした。キム容疑者は現在、国家情報院で調査を受けている。

検察と国情院によるとキム容疑者は1999年、北朝鮮護衛司令部所属工作員キム某(51)に包摂された。北朝鮮護衛司令部は民軍所属機関だ。当時、キム容疑者は「品質が良い麻薬を手に入れることができる」というキム工作員の提議に乗った。キム容疑者は国内でヒロポンを販売し、検察の捜査が始まると中国に逃走した状態だった。

キム容疑者は2000年2月、北朝鮮に入って15日間、平壌で工作員教育を受けた。活動資金1万ドルと麻薬2キロを渡してもらったキム容疑者は、また中国に来た。キム容疑者の任務は韓国の機密情報を把握し、脱北者拉致活動をすることだった。キム容疑者は2006年50代の脱北者を中国で拉致し、北朝鮮の清津まで連れて行くなど脱北者1人を強制北送し、2人を拉致しようとしたが、未遂に止まった疑いももたれている。

また2002年、北朝鮮政府の指示で中国に派遣された国情院職員たちの現況を調査したが、まともに情報を把握することができなかったものと検察は見ている。キム容疑者は容疑の内容は大方認めながらも脱北者拉致加担部分は否認しているという。しかし国情院はキム容疑者に拉致されそうになった人から関連供述を確保した。キム容疑者は一緒に活動したキム工作員が中国公安に逮捕されると最近、帰国したため、直ちに逮捕した。国情院と検察は国内でキム容疑者を助けた共犯がいるものと見て、捜査を拡大している。

COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2010年04月13日 16:04
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者数356人
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
韓国11月までにコロナ集団免疫目標
ワクチン初日に1万8489人が接種
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
「KCON:TACT3」出演者決定
1月の映画観客数と売上高 過去最低
コロナ防疫レベル2週間据え置き
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
週間アクセスランキング
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
INFINITEのエル海兵隊に入隊
21.02.22
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]