韓国旅行「コネスト」 結婚が最も多いのは10月、離婚は月別格差少なく。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

結婚が最も多いのは10月、離婚は月別格差少なく

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
結婚が最も多いのは10月、出生と死亡は1月、離婚は3月に多いと集計された。

統計庁が2日に公表した人口動向資料によると、2005~2009年の5年間の婚姻総数は、発生基準で161万4845組、月平均2万7081組だった。月平均婚姻数は、10月が3万8397組で最も多かった。次いで11月、一般的に「結婚の月」というイメージが強い5月は3番手だった。一方、7月、8月、2月の順で婚姻数が少なく、真夏と真冬は挙式を避ける傾向が顕著だった。

婚姻届出数基準では、12月、11月の順で多く、年を越す前に届出を済ませようという心理が働き、年末に届けが集中する傾向があると分析された。

同期間の離婚総数は61万7466組、月平均では1万291組だった。3月が最多、9月が最少だったが、月別格差は婚姻に比べ大きくない。結婚には特定時期を好むが、離婚は特に時期を意識していないことが分かる。

出生児数は228万7465人で、月平均3万8124人だった。月別では、1月が平均4万3192人で最も多く、3月、10月、9月と続く。反対に、12月、6月、7月の順で出生児が少ない。以前は出来る限り早く小学校に入学させたがっていた親が、最近では遅く入学したほうが有利との認識が広まったためか、年初に子どもを産もうとする傾向が強く、そのため、1月の出生児が最も多く、12月が最も少ないのではないかとの説明だ。

月平均死亡者数は2万396人で、月別では1月、12月が最も多く、6月、9月、7月の順で少なかった。


COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2010年04月02日 11:39
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
2032年南北五輪へ「努力続ける」
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
大型アップルストア汝矣島にオープン
コロナ感染者 再び400人下回る
T-ARAジヨン殺害脅迫受け捜査求
元X1スンヨン、自作曲で来月カムバ
韓国ワクチン第1号接種者はだれ?
移送中に適正温度外れ、ワクチン回収
コロナが変えた なりたい職業1位
ジェニーとGDに熱愛報道 
週間アクセスランキング
国民7割 コロナワクチン「接種」
21.02.19
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
映画「ミッションポッシブル」が首位
21.02.19
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]