韓国旅行「コネスト」 【海軍哨戒艦沈没】国防次官「船内に生存者いる可能性も」。韓国の政治ニュース
KONEST

【海軍哨戒艦沈没】国防次官「船内に生存者いる可能性も」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
 西海(ソヘ、黄海)で沈没した海軍哨戒艦「天安(チョンアン)」の行方不明者がまだ生存している可能性があるという主張が続いている。27日午前に開かれた国会国防委全体会議で、張秀萬(チャン・マンス)国防次官は「隔室に水が入っていなかったり、空気が残っていれば、生存している可能性もある」と述べた。

民間船舶とは違い、軍艦は寝室・食堂・休憩室が隔室構造になっている。隔室を密閉すれば、海水の流入を完ぺきに遮断し、密閉された隔室内に空気が残っていれば、一定期間は生命を維持できるということだ。問題は二つに割れた「天安」の沈没速度だ。隔室内の乗組員がドアを遮断できる時間的な余裕があったかどうかが生死を分けるからだ。

誰よりも切実に生存を祈っているのが行方不明者の家族だ。家族は28日にも「天安の機関室や寝室が自動密閉されているとすれば、艦内で最大69時間生存が可能だという軍関係者の説明があった」とし「軍当局が救助活動をあきらめてはならない」と求めた。事故当時、密閉可能な寝室にいた搭乗者は21人ほどと推定されるが、空気中に17%の酸素があり、21人が呼吸する場合、最大69時間ほど生存できるということだ。

この日午後にあった‘行方不明者通話騒動’もこうした希望の中で発生した。行方不明のシム下士の父が息子の携帯電話番号で‘留守中電話’を受けたといううわさが広まったのだ。シム下士の父が携帯電話のバッテリーを充電中に息子の番号で電話が入っていたのを確認し、その後ずっと息子に電話をかけ続けたが、発信信号が1−2度ほど鳴って切れた、という内容だった。うわさはシム下士の家族が乗っていた「ソンナム」艦をはじめ、京畿道平沢(キョンギド・ピョンテク)の海軍第2艦隊司令部にいる家族にも広まった。

しかし青瓦台(チョンワデ、大統領府)や国防部がシム下士の父の通話記録を確認した結果、事実でないことが明らかになった。水中通話は事実上、難しい見込みだ。SKテレコムのコ・チャングク・チーム長は「水中には電波が届かず、中継機を浮漂に付けて浮かすなど特別な装置がなければ受信も発信も不可能だ」と説明した。

一部の行方不明者の携帯電話に電話をかければ、まだ発信信号が鳴る。これについて移動通信業界は「終了ボタンを押して電源を消さない状態なら、携帯電話が水に落ちた後もずっと信号が鳴る」と説明した。

COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2010年03月29日 09:11
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国の新規コロナ感染者672人
BTSイベント 視聴者270万人超
きょうから都市部で制限速度引き下げ
セウォル号沈没事故から7年
JYPがオーガニック化粧品に出資 
政府11月まで集団免疫獲得目標維持
南陽乳業に「株価操作」の声
政府報告書「内需不振の緩和」に言及
大統領候補の支持率前検事総長25%
韓国政府が「特別旅行注意報」再延長
パクソジュンら主演映画クランクイン
週間アクセスランキング
BTS17日にイベント無料配信
21.04.12
女優カン・ソラ 第1子女児を出産
21.04.15
パクソジュンら主演映画クランクイン
21.04.16
12日から屋内でマスク常時着用
21.04.12
パク・ソジュン10周年ファンミ開催
21.04.15
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]