韓国旅行「コネスト」 低所得層に給食費無償化・保育費支援へ、政府・与党。韓国の政治ニュース
KONEST

低所得層に給食費無償化・保育費支援へ、政府・与党

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル18日聯合ニュース】政府と与党ハンナラ党は18日の協議で、2012年までに農村、漁村、山村と、都市低所得層の各家庭の小学生と中学生全員について給食費の無償化を実施する方針を固めた。ハンナラ党のチョ海珍(チョ・ヘジン)報道官が協議後の会見で明らかにした。
 低所得層の給食費無償化の対象を、現在の97万人から2012年には200万人に拡大する予定だ。所要予算は毎年4000億ウォン(約318億円)と見積もった。

 政府・与党はまた、2015年までに中産層と経済状況が悪い家庭に対し、就学前幼児(0~5歳)の保育費と幼児教育費を全額支援する案も検討すると決めた。支援対象となる家庭は所得下位70%に拡大される。これが施行されれば、保育費支援に1年で6000億ウォン、幼児教育費は4000億ウォンが投じられることになる。

 そのための財源確保策として政府・与党は、政府の地方教育財政交付金を増額し、地方自治体の予算を拡大する案を推進することを決めたとされる。

 この日の協議には、ハンナラ党から安商守(アン・サンス)院内代表や金晟祚(キム・ソンジョ)政策委員長ら、政府側は李周浩(イ・ジュホ)教育科学技術部次官、李庸傑(イ・ヨンゴル)企画財政部次官らが出席した。

 一方、この日、民主党、民主労働党、国民参与党、創造韓国党、進歩新党の野党5党は、市民社会団体とともにソウル・汝矣島の国会本館前で記者会見し、無償給食の全面実施を促した。国が無償教育をするよう定めた憲法と給食を教育の一環と規定した給食法により、国と地方自治体は無償給食を提供する義務があると主張。4大河川再整備事業を中断すれば予算も十分に確保できると強調した。

COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2010年03月18日 16:18
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
サムスントップの赦免請願広がる
電子渡航認証制度のサイトがオープン
政府コロナ対応の世論評価が逆転
漫画「鬼滅の刃」最終巻総合1位
韓国の新規コロナ感染者797人
ジミンの衣装 オークション取りやめ
ソウル市長就任式、コロナで来賓3人
「アースデー」青瓦台は菜食メニュー
昌徳宮で楽しむ夜間観覧 29日から
川端康成の小説集 韓国で翻訳出版
週間アクセスランキング
仁川空港が外国人の無入国観光を検討
21.04.22
電子渡航認証制度のサイトがオープン
21.04.23
俳優パク・チュンフン飲酒運転で送検
21.04.19
5月から世界のマックでBTSコラボ
21.04.20
「ヴィンチェンツォ」撮影ロケ地
21.04.21
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]