韓国旅行「コネスト」 政府がネット中毒予防・解消に本腰、総合計画発表。韓国の政治ニュース
KONEST

政府がネット中毒予防・解消に本腰、総合計画発表

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル15日聯合ニュース】政府は15日、行政安全部や教育科学技術部など7官庁による「インターネット中毒予防および解消総合計画」を発表した。インターネット利用率が77%に上るなか、インターネット中毒者が200万人(8.8%)に迫るなど弊害が出ており、その解消を目的に策定された。
 政府は2012年までにインターネット中毒率を5%以下に下げることを目標に、すべての年代に対する包括的な対応体系を構築する方針だ。

 具体的には、年間47万人にとどまるインターネット中毒予防教育の対象を大幅に増やし、向こう3年で合計1000万人に拡大する計画だ。これまで青少年を対象としていた予防教育を幼稚園児や小学校低学年の児童に拡大する。一方で、成人中毒者の割合が急増していることから、軍将兵や会社員らに対する予防教育も新設する。

 個々のケースに合わせた相談や治療も大幅に強化する。無料相談の対象者を現在の年間2万5000人から2012年には20万人に増やすなど、3年間で合計30万人に対し体系的な相談を行う。

 中毒の程度別に相談と治療を専門化するため、基礎相談、専門相談、病院治療などに分ける一方、失業者やひとり親家庭の子ども、低所得層、障害者ら弱者層のための家庭訪問相談を集中的に進める計画だ。

 あわせて、予防教育を行う講師や派遣相談士ら専門人材4000人余りを養成するほか、高学歴青年6000人を正しいインターネットの使い方と勉強を指導するメントリング要員として育成する方針だ。

 政府はまた、インターネットの利用時間を制限するソフトウエアプログラムを普及し、インターネット中毒を防ぐ環境を制度的につくり、広報キャンペーンも展開する計画だ。インターネット利用の時間や曜日などを利用者や保護者があらかじめ調節できる「自律的シャットダウンプログラム」や、インターネットゲームを長時間利用するほどおもしろさが減る「インターネットゲーム疲労度システム」を開発し、来年から無料で提供する。

 自治体もインターネット中毒予防対策に積極的に参加する計画だ。ソウル市ではインターネット中毒対応センター「I Will」を設置し、8市・道は相談センターを通じた予防教育を積極的に行う。

japanese@yna.co.kr
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2010年03月15日 18:02
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
「ミナリ」ゴールデングローブ受賞
文大統領が演説で日韓関係に言及
コロナ感染者2日連続300人台
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
伝統家屋「韓屋」の歴史館1日開館
「5G」加入者 1300万人に迫る
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
韓国11月までにコロナ集団免疫目標
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
コロナ防疫レベル2週間据え置き
週間アクセスランキング
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
INFINITEのエル海兵隊に入隊
21.02.22
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]