韓国旅行「コネスト」 ひと月大雪に閉じこめられた住民「うつの状態に」。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

ひと月大雪に閉じこめられた住民「うつの状態に」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
「ここまで何のご用ですか。今月に入って外地の人は初めて見た」−−。

10日昼12時20分ごろ、江原道江陵市旺山面大基(カンウォンド・カンヌンシ・ワンサンミョン・テキ)2里の俗称ヌクマッコル。ひざまでの雪をかきわけ、村から400メートル離れた家を訪ねると雪を片付けていたチョン・ヨンソルさん(77)が歓迎してくれた。チョンさんは8日、雪が弱いとき、江陵市内で法務士をする息子が通っただけで、人の往来が絶たれ、雪に閉じこめられて過ごしている。老人施設にも行けない。チョンさんは深夜電気で暖房と食糧も用意できているので外出ができないだけで特別に不便なことはない。「投票ができなかったのは生涯で初めてだ」チョンさんは旺山面事務所で行われた江陵農協組合長選挙に投票したかったが、雪で行けなかったので、投票をあきらめた。

チョンさんの夫人のオ・バンヒョンさん(76)は「足が痛くて1週間に1回、江陵市内の病院で治療を受けるが、3月に入ってからは行けないので足が痛い」とし「それでも隣りの住民が雪を片付けてくれたので特別に大変なことはない」と話した。

旺山里の地方道から2.5キロ離れた所でペンションを経営するイ・ソンファさん(54)。仁川に暮らし2008年6月からペンションを経営するイさんは「腰が痛くて運動をしなければならないのに、ほとんどひと月、雪が降って外出ができないのでうつになりそうだ」と言った。イさんはこの冬2つのチームがペンションを訪れたが、雪がたくさん降って村の住民の助けを借りてやっと帰宅させた後はまったくお客を受けていない。旺山里の里長クォン・ウテさん(60)は「大雪で敬老施設の運営が中断するなど、隣人間で生活が断絶され、疎通ができない」とし「雪が溶ければ住民和合のための席を用意する」と話している。

COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2010年03月11日 13:57
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
観光客コロナ以降月平均1万人満たず
月刊尹鍾信に竹内美宥の日本語曲収録
光化門広場の西側道路閉鎖 不満続出
ロゼ 12日に初ソロシングル発売
グラミー賞候補BTS 授賞式で公演
大統領選の支持率で前検事総長が1位
政党支持率 最大野党が与党上回る
韓国の新規コロナ感染者346人
コロナ 1日の検査件数50万件に
ワクチン接種 開始9日で30人万超
週間アクセスランキング
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
21.03.05
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
電車でハンバーガー食べた女性を立件
21.03.05
ワクチン副反応が新たに860件
21.03.05
コロナ終わった?3連休で各地賑わう
21.03.02
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]