韓国旅行「コネスト」 日本でマッコリ人気続く、輸入量10年で10倍に。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

日本でマッコリ人気続く、輸入量10年で10倍に

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
「飲みやすく、健康にも良いお酒」で知られるマッコリ(韓国伝統の濁り酒)が、日本で冷めやらぬ人気を見せている。

韓国農水産物流通公社(aTセンター)の東京支社が5日に明らかにしたところによると、日本の韓国産マッコリ輸入量は1999年の611トンから、昨年は6157トンに増加した。

10年間で10倍に増えたことになる。2009年の輸入量は前年に比べ26%増えるなど、伸び率に鈍化の兆しはまったくない。輸入額も、1999年の59万4000ドル(約5300万円)から昨年は539万9000ドルに急増した。

日本が韓国からマッコリを輸入し始めたのは約20年前。最初はそれほど人気を集められなかったが、2002年に初めて輸入量1000トンを突破したのを皮切りに、急激に伸び始めた。

マッコリ人気の背景には韓流ブームの影響もあるが、アルコール度数が6~7度と低めで甘みとコクがあり、日本の消費者が飲みやすいと感じているためと分析される。また、日本にも以前から濁り酒の文化があったことや、アミノ酸が豊富に含まれており、体に良いとされている点も人気の理由の一つだ。

ブームの波に乗り、日本内の韓国料理店はもちろん、居酒屋や大手スーパーでもマッコリを販売しているほどだ。現在、1990年代に最も早く進出した「イドンマッコリ」が日本市場のシェア60%を占め、圧倒的な地位を確保しているが、ほかの韓国大手酒造会社も続々と進出している。


COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2010年03月05日 12:38
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
女優カン・ソラ 第1子女児を出産
「マッコリ醸造」が韓国無形文化財に
キューブ 新グループデビューを予告
板門店見学ツアー 4カ月ぶり再開へ
パク・ソジュン10周年ファンミ開催
韓国の新規コロナ感染者698人
韓国人教授 エコな花粉スポンジ開発
韓国入り脱北者 前年の7割減
東京五輪まで100日 韓国の目標は
BTSジミンの衣装 オークションに
週間アクセスランキング
LINE ジスとキャラクター開発
21.04.09
BTS17日にイベント無料配信
21.04.12
12日から屋内でマスク常時着用
21.04.12
ユン・ゲサン漫画原作ドラマ主役に
21.04.09
5人以上の集まり禁止3週間延長
21.04.09
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]