韓国旅行「コネスト」 【外国人CEOの韓食づくり】「外国人を考慮したグローバル型調理法が必要」(1)。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

【外国人CEOの韓食づくり】「外国人を考慮したグローバル型調理法が必要」(1)

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
中央日報と中央デイリーが「韓食グローバル化」努力の一環として「外国人CEOの韓食づくり」シリーズを開始する。 ソウルに駐在する外国人最高経営者が好きな韓国料理を自ら作り、世界の人から好まれるためにはどんな改善と革新が必要かを探ってみる。

その一人目はエイミー・ジャクソン駐韓米国商工会議所(AMCHAM)代表だ。 ジャクソン氏は最近、ソウル三成洞(サムソンドン)COEXインターコンチネンタルホテルの厨房を訪れ、キムチチゲづくりに挑戦した。

「私は辛いものが好きです。 キムチチゲほど食欲をそそる料理はありません。 冬になると温かいキムチチゲが食べたくなります。 お腹の中も温まって満たされます」。

ジャクソン氏は駐韓外国人社会で代表的なキムチチゲ愛好家に挙げられる。 「辛いキムチはインフルエンザの予防にもなると聞きました」。

ジャクソン氏がキムチチゲを初めて食べたのは1990年代初め、ワシントンDCでジョーンズホプキンズ大国際大学院に通っていた時だ。 韓国レストラン「又来屋(ウレオク)」で食べ、強烈な味に魅了されたという。

「残念なことに当時は米国に韓国レストランが多くはありませんでした。 何度もキムチチゲを食べたいと思いましたが、近くにすぐに行ける店がなかったのが残念でした」。

2人の子どもの母親であるジャクソン氏がエプロンをして豆腐やニンニクなどを切る姿は、韓国人の主婦と変わらい。 ジャクソン氏の挑戦を支援したCOEXインターコンチネンタルホテルのイ・ビョンウ厨房長は「外国人客には辛さを抑えるためキムチを水で洗ってからチゲを作るが、ジャクソン氏は韓国式にキムチをそのまま入れたので驚いた」と話した。

「キムチの種類はいくつありますか?」「カクトゥギもキムチの一つですか?」。ジャクソン氏が質問をすると、イ厨房長は「キムチは地域によって違い、その種類も数え切れないほど多い」と説明した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2010年02月22日 17:53
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者416人
ワクチン接種 開始9日で30人万超
「社会的距離」草案4段階に簡素化へ
ホン・サンス監督ベルリン脚本賞受賞
電車でハンバーガー食べた女性を立件
ソウル五輪主題歌歌手 がんで死去
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
出入国・外国人管理機関訪問予約制に
ワクチン副反応が新たに860件
BTSグローバル・アーティスト1位
週間アクセスランキング
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
21.03.05
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
コロナ終わった?3連休で各地賑わう
21.03.02
ワクチン副反応が新たに860件
21.03.05
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]