韓国旅行「コネスト」 携帯電話でエンジンをかける「SM7」 来年にも登場。韓国の経済ニュース
KONEST

携帯電話でエンジンをかける「SM7」 来年にも登場

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
携帯電話で自動車の主要機能を作動する国産中大型乗用車モデルが早ければ来年にも登場する。

SKテレコムの移動通信部門(MNO)責任者の河成ミン(ハ・ソンミン)社長は15日(現地時間)、スペイン・バルセロナで開催中の「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)2010」国際展示会で、「SKテレコムとルノー三星(サムスン)自動車が3年間、MIV(Mobile In Vehicle)機能実験を共同で行い、商用化に成功した」と明らかにした。河社長は「来年にもルノー三星の中大型車種SM7にこの性能を導入する」と述べた。

この技術は、自動車のドア開閉やエンジン始動を携帯電話で操作できるようにしたものだ。これは携帯電話端末機の‘万能リモコン時代’を開く技術といえる。音声通話や文字メッセージ送受信、簡単な無線インターネット接続にとどまっていた携帯電話端末機に、モバイル金融決済に続き自動車遠隔操縦機能までも取り込んだのだ。

キム・フジョンSKテレコムサービス技術院長は「画像通信が可能な地域なら距離と場所を問わず、車の状態を携帯電話の画面で見ながら一部の機能を操作できる」と説明した。

SKテレコムは中国内投資会社「E−eyeカオシン」を通して、下半期に中国でMIVサービスを世界で初めて商用化する作業をしている。特に中国で事業をする日本自動車企業と提携し、衝突事故や車盗難時の状況を記録して知らせる自動車用ブラックボックス機能が含まれたMIV技術を共同開発している。SKテレコムはこうしたMIV技術のうち自動車のドア・エンジン始動・前照灯・トランク操作や盗難警告機能を今回のMWCで初めて紹介した。

河社長は「SKテレコムの技術とサービスのうち、ヨーロッパで事業協力を図るうえで最も良い分野が自動車関連の通信技術」と説明した。鄭万源(チョン・マンウォン)SKテレコム総括社長は「他の産業と連係して生産性の向上を図るIPE事業の核心は消費者の立場に立つことだ」と述べた。
 
 
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2010年02月17日 10:11
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
女優カン・ソラ 第1子女児を出産
「マッコリ醸造」が韓国無形文化財に
キューブ 新グループデビューを予告
板門店見学ツアー 4カ月ぶり再開へ
パク・ソジュン10周年ファンミ開催
韓国の新規コロナ感染者698人
韓国人教授 エコな花粉スポンジ開発
韓国入り脱北者 前年の7割減
東京五輪まで100日 韓国の目標は
BTSジミンの衣装 オークションに
週間アクセスランキング
LINE ジスとキャラクター開発
21.04.09
BTS17日にイベント無料配信
21.04.12
12日から屋内でマスク常時着用
21.04.12
ユン・ゲサン漫画原作ドラマ主役に
21.04.09
5人以上の集まり禁止3週間延長
21.04.09
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]