韓国旅行「コネスト」 卞良均氏検察出頭、申貞娥氏米国から帰国。韓国の社会・文化ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
KORAIL PASSと共に韓国各地を満喫しよう!
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

Wi-Fi・携帯
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 社会・文化 > 卞良均氏検察出頭、申貞娥氏米国から帰国

卞良均氏検察出頭、申貞娥氏米国から帰国

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
米国で逃避生活をしていた申貞娥(シン・ジョンア、35)前東国(トングク)大学教授が16日帰国し、西部地検庁舍で調査を受けている。卞良均(ピョン・ヤンギュン)前青瓦台政策室長も同じ建物で13時間もの間、調査を受けた後17日未明帰宅した。申氏は逮捕令状を持った検察捜査官によって仁川空港から直ちに連行された。7月16日、ニューヨークに発ってから2カ月ぶりだ。これに先立ち申氏は東京の成田空港で韓国行きの飛行機に乗る前「物議をかもして申し訳ない」と述べている。

申氏の弁護人であるパク・チョンロク弁護士は日本で彼女に会い、この日帰国した直後に「申氏は時間を長く引きずるほど本質から脱していくので、1日も早く真実を明らかにしたいと検察出頭を決意した。私も早期帰国を勧めた。4~5日前、自分で決心した」と伝えた。パク弁護士は(申氏が)卞前室長との関係に対して何と言及するかという質問に「私的な部分に対しては問わなかった。卞前室長が本当に手伝ってくれていたら、その程度にしかならなかったと思うか?」と聞き返した。

文化界の一部では「申氏がこれ以上隠すことも、失うこともないという自暴自棄の心情で帰国しただけに彼女を捜査する過程で‘時限爆弾が破裂する’とか‘パンドラの箱が開かれる’という話が出回っている。しかし帰国を前後した申氏の言行を察してみればこういった可能性は低い。

申氏は日本でパク弁護士に会って出頭に備えた。パク弁護士は卞前室長の弁護士であるキム・ヨンジン弁護士のソウル大法学部の後輩で、事務室も同じ建物、同じ階に並んでいる。そのため「限りなく拡散していく事態を鎮めるための企画出頭の雰囲気が漂っている」という指摘も出ている。

申氏は9日、中央日報との単独インタビューで「青瓦台女性秘書官たちとは顔なじみだが、青瓦台やポンハ村(盧武鉉大統領の故郷)に絵を届けたことはない」と話した。自分が「美術界のシンデレラ」に浮上した背景に卞前室長を超える権力核心があるという巷の疑惑を否認したのだ。申氏に対する検察の核心捜査の対象はさらなる人物の存在、卞前室長との関係、学歴偽造と東国大教授任用、ヌード写真の真偽にしぼられる。

次は申氏をめぐる各種疑惑に対する申氏とマスコミの一問一答。検察捜査はこの内容をもとに行われている。(※は読者の理解を助けるための説明)

◆さらなる人物の存在

−−青瓦台関連説まで出回っている。

「私は政治は分からない。青瓦台の女性秘書官とは顔なじみだ。青瓦台はL女性秘書官が一度いらしてくださいと言ったのがすべて。(※本紙の確認結果、申氏が言及したL氏は秘書官ではなく5級職員)私は盧大統領や権良淑(クォン・ヤンスク)夫人に会ったこともない。平凡な35歳がどうして青瓦台に絵を採用してもらえるか」(中央日報インタビュー)

◆卞前室長との関係

−−卞室長との関係は。

「(卞室長)程度が権力の背後なら私のような人は数え切れないほど多く存在するだろう」(中央日報インタビュー)

−−9月10日、検察が卞前室長と‘不適切な関係’だと明らかにした。

「セックススキャンダルまで出ているが、絶対ない。同居だなんて、話にもならない」

−−(卞前室長との)電子メールにはどんな内容が書かれていたか。

「展示の話、知人の安否。本当に恋人の間柄なら電子メールでやりとりなどしない。もっと気を付けるはず」(時事INインタビュー)

◆学歴偽造、東国大教授採用

−−今インタビューで確実に言えることは。

「エール大博士課程に入学して学校に通って卒業したということ。卒業ガウンも持っている」(時事INインタビュー)

−−東国大教授に採用されたとき、権力の外圧があったという疑惑が申し立てられている。

「2005年9月1日、辞令を受けたがよくない話が聞こえて直ちにやめた人だ。激しい外圧があってソウル大に行かずに東国大に行った」(中央日報インタビュー、※申氏はソウル大、中央大、東国大で教授の提議を受けたと時事INインタビューで主張)

◆ヌードフォト

−−ヌード写真が掲載された。どういうことか。

「(写真と記事を載せた)文化日報に対しては法的に私ができるすべてのことをする。ヌード写真は撮ったことがない。合成は明らかだが、私が死んだ人でもないのにこんなことがあり得るだろうか。(時事INインタビュー)

申氏をめぐる多くの疑惑は検察捜査を通じて明らかになる。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2007年09月17日 12:16
コネスト関連記事
  • 学歴詐称の申氏電撃帰国「申し訳ない」
  • 関連業界人物の自宅から申氏のヌード写真を発見
  • 韓国の社会・文化のニュース     もっと見る 
  • 【写真】‘松餅’でつくった63ビル
  • 空港バス値上げ、ソウル〜仁川は9千ウォンに
  • 学歴詐称の申氏電撃帰国「申し訳ない」
  • 汝矣島〜蚕室14分の漢江水上コールタクシー
  • 雪岳山の紅葉は来月20日にピーク、気象庁予想
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    「ソウル路」2日で25万人が歩く
    映画「悪女」出演陣、カンヌに登場
    ホン監督とキム・ミニ光るペアリング
    タクシー配車アプリ韓日で相互利用へ
    平昌五輪 バリアフリー状況を点検
    俳優カップル、2年交際から今日結婚
    KT 韓中日で無料Wi-Fiを推進
    文大統領、世論調査で支持率80%越
    誰がよく寝た? 睡眠コンテスト開催
    俳優ユン・サンヒョン夫婦に第2子
    週間アクセスランキング
    女優ソン・ユリ、極秘結婚してい...
    17.05.16
    女優スジ、ダイエット成功?
    17.05.16
    イ・サンウとキム・ソヨン前撮り...
    17.05.19
    外国人が選ぶ「韓国人の独特な行...
    17.05.17
    キム・テヒ、4カ月ぶりに活動再...
    17.05.16
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2017 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]