韓国旅行「コネスト」 帰ってきたCM界の“国民の妹”、ムン・グニョン。韓国の芸能ニュース
KONEST

帰ってきたCM界の“国民の妹”、ムン・グニョン

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
「国民の妹」のタイトルをフィギュアの妖精ことキム・ヨナに譲って、しばらくCM活動から遠ざかっていたムン・グニョンが帰ってきた。

3日、新世界(シンセゲ)イーマートは、10年ぶりのテレビ広告に、ムン・グニョンをキャスティングしたと明らかにした。ムン・グニョンは「秋の童話」(2000)のソン・ヘギョの少女時代、「明成皇后」(02)のイ・ミヨンの少女時代などを演じ、2000年代「国民の妹」として浮上した。人気の尺度といわれる携帯電話(Anycall)、化粧品(ボブ、イニスフリー)のCMを含め、Empas、ソウル牛乳、GSカルテックスなど業種代表会社のメインモデルとして注目された。しかし2006年、成均館(ソンギュングァン)大学に入学して芸能界活動を減らすと「国民の妹」も目立たなくなった。フィギュアの妖精ことキム・ヨナが注目され始めたのもこのころだ。ムン・グニョンをモデルにしていた学生服「アイビークラブ」と三星(サムスン)電子「Anycall」、KB国民(ククミン)銀行とロッテ七星(チルソン)飲料などがキム・ヨナを選択した。2006年まで年間10本のCMに出演し、旺盛なブランドパワーを見せてきたムン・グニョンは、最近は南陽(ナミャン)乳業の「すくって食べるブルガリス」のヨーグルトのCMのみ出演中だ。

しかしムン・グニョンがKBS2ドラマ「シンデレラお姉さん」で久々の出演が決まるとCM業界がまたムン・グニョンに注目し始めている。

新世界イーマート側は「親しみがあり信頼を与えるムン・グニョンさんと自社のイメージがマッチし、彼女をモデルに選んだ」とし、アンカーに扮してコミカルな場面を演出したCMで、ムン・グニョンのかわいい魅力が発揮されていると説明した。

COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2010年02月03日 14:02
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
BTSのツアー映画 米授賞式で受賞
韓国国防部、将兵への粗末給食認める
21日 次期防疫レベルを発表
文大統領 民主主義、コロナ克服に
韓国の新規コロナ感染者528人
鬼滅の刃 累積観客200万人突破
BTS 米番組のコンサートで一番手
AZ製ワクチン接種の50代警官死亡
IUが総額5億ウォンを寄付
人気歌手応援ソング22年ぶり刷新
ロッテ免税店ネット会員が70万人増
週間アクセスランキング
パク・ソジュン主演ドラマが漫画化
21.05.13
7月から新しい防疫基準を適用
21.05.12
女児虐待死事件 養母に無期懲役判決
21.05.14
韓国ビール「TERRA」の輸出開始
21.05.12
韓国政府が「特別旅行注意報」再延長
21.05.14
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]