韓国旅行「コネスト」 釜山市と射撃場火災被害者代理人、補償交渉開始。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

釜山市と射撃場火災被害者代理人、補償交渉開始

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【釜山2日聯合ニュース】釜山市が昨年11月に発生した室内実弾射撃場火災の日本人被害者に対する補償協議を本格的に始めた。

市は2日午前、石橋龍太郎弁護士をはじめとする日本人被害者側代理人3人と市庁で会い、被害補償などをめぐる初の協議を行った。初の顔合わせとあり、この日は被害者の基礎資料を確認し交換するなどして終わった。市は今後、各被害者への具体的な補償額の算定について、日本側代理人と随時電子メールなどで連絡を取り、話し合っていく計画だ。

日本側代理人らは1日に釜山入りし、釜山地裁の事件担当検事らと面会し捜査結果について説明を受けた後、業務上過失致死傷の罪で起訴された射撃場経営者ら韓国人2人の裁判を釜山地裁で傍聴した。火災現場となった射撃場も視察する予定で、3日まで釜山に滞在する。

釜山市は昨年12月、射撃場火災の犠牲者16人(日本人死亡者10人、負傷者1人、韓国人死亡者5人)に対し、市がまず補償を行った後、責任者に求償権を請求するため、「釜山市中区新昌洞射撃場建物火災事故死傷者に対する補償金支払条例案」を制定した。補償額は被害者の年齢や職業などにより異なるが、1人当たり3億~5億ウォン(約2350万~3900万円)規模と推定される。
 
 
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2010年02月02日 12:22
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
BOF パークコンサート出演者決定
ソウル市長 政府と異なる防疫措置
ブラックピンク 登録者数世界2位に
スター着用衣装など 韓服展示会開催
ユン・ヨジョン、授賞式前に思い語る
韓国の新規コロナ感染者542人
政府 コロナへの特別対策を策定
イ・ジュニク監督新作 週末興行1位
BTS17日にイベント無料配信
12日から屋内でマスク常時着用
週間アクセスランキング
女優オム・ジウォン、結婚7年で離婚
21.04.07
ハ・ジウォンが画家に すでに売却も
21.04.07
ソウル市 月2で肉無し学校給食
21.04.08
ソウルの新市長にオ・セフン氏が当選
21.04.08
LINE ジスとキャラクター開発
21.04.09
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]