韓国旅行「コネスト」 都心にソウル広場の3倍の地下空間造成へ。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

都心にソウル広場の3倍の地下空間造成へ

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
ソウル都心の崇礼門(スンレムン)−会賢(フェヒョン)交差点−乙支路(ウルチロ)入口−市庁−崇礼門を2014年までに地下で連結する案が推進される。

ソウル市は26日、このために地下空間ネットワーク構築事業の妥当性調査に入った。新しく造成される地下空間は歩行路のほか、市民の休憩・文化空間、商店街施設などとして利用する方針だ。

現在ソウル都心には市庁を中心に新ソウル・小公洞(ソゴンドン)・明洞(ミョンドン)地下商店街など6カ所、全長1306メートル・面積2万7384平方メートルの地下空間がある。しかしほとんどが1970年代初期に開発されたため施設が老朽化し、空間がつながっていないため不便だと指摘されてきた。

ソウル市が新しく構想中の地下ネットワークは、従来の地下空間を活用して崇礼門−南大門(ナムデムン)市場−ソウル中央郵便局(会賢交差点)−明洞−乙支路入口−市庁−崇礼門をつなぐダイヤモンド形だ。新しく造成される地下空間だけで全長1433メートル・面積1万8059平方メートルとなる。

ソウル市のイ・ビオ都心活性化担当官は「完工すれば既存の地下空間と合わせて全長2739メートル、ソウル広場の3倍を超える4万5443平方メートルの大規模な地下空間が誕生する」と説明した。

ソウル市は妥当性が立証されれば2012年から工事に入り、2068億ウォンの事業費を投じて、2014年までに完工する計画だ。

COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2010年01月27日 09:49
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者2日連続400人超
ワクチン初日に1万8489人が接種
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
「KCON:TACT3」出演者決定
1月の映画観客数と売上高 過去最低
新型コロナワクチン韓国で接種始まる
コロナ防疫レベル2週間据え置き
2032年南北五輪へ「努力続ける」
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
週間アクセスランキング
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
INFINITEのエル海兵隊に入隊
21.02.22
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]