韓国旅行「コネスト」 統一研究院、金総書記死亡後の対処案を提示。韓国の政治ニュース
KONEST

統一研究院、金総書記死亡後の対処案を提示

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル20日聯合ニュース】国務総理室の下に置かれる統一研究院が19日、2012年以降、北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記はこの世に存在しない可能性が高いという見通しとともに、これに伴う急変事態への対処案を提示した研究報告書を公表した。同研究院先任研究員や外交安保研究院教授ら4人が執筆したもので、政策研究機関が「北朝鮮急変事態シナリオ」を具体的に扱った報告書を出すのは、これが初めて。

報告書は、「2012年以降、北朝鮮には金総書記が存在しない可能性が高い」としながら、金総書記以後の北朝鮮では、軍部クーデターのような権力指導部の変動、住民騒乱や暴動、大量虐殺、大量難民など急変事態が発生するがい然性があるとの見方を示している。

「ポスト金正日」時代の北朝鮮権力構図については、後継者に内定したとされる三男ジョンウン氏への世襲体制維持、軍部中心の集団指導体制の登場、軍部実力者による1人統治の、3つの可能性を提示した。

ただ、世襲体制維持の場合も、ジョンウン氏が年齢的に若く経歴も乏しいことから、政局は後見人の張成沢(チャン・ソンテク)朝鮮労働党中央委員会行政部長を中心に運営されるだろうとしている。後継構図が完成されていない状態で金総書記が死亡した場合は、ジョンウン氏ら直系の家族を排除し、国防委員会中心の集団指導体制や、朝鮮労働党中心の指揮体制が構築される可能性が高いが、これも長続きはせず、結局は1人の有力者に権力が渡ると予測した。

さらに報告書は、北朝鮮はこうした急変事態の中、内部の混乱を抑圧し不満を外部に向けさせるため、朝鮮半島で局地戦をしかけてくる可能性があると警告する。

また、万一、北朝鮮住民による組織的なデモが発生すれば、指導部が大量虐殺を図り、そうした指導部の支持を党と軍隊の下部組織が拒否することで、北朝鮮政権が急速に崩壊する可能性もあると述べている。

こうした状況に韓国が介入すれば、国際社会の論争を招きかねないと指摘し、急変事態の際は北朝鮮内政に干渉しないという原則を明示し、北朝鮮の自己解決を尊重すべきだと助言。ただ、大量虐殺の事態となれば、人道主義の次元から制限的な介入が可能だとする立場程度は維持すべきだとした。

また、ジョンウン氏が近く、朝鮮労働党の2大重要組織、組織指導部と宣伝扇動部で副部長などの職に就き、党と政府の統治を目指すとの見方も示した。
 
 
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2010年01月20日 10:26
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
「ミナリ」ゴールデングローブ受賞
文大統領が演説で日韓関係に言及
コロナ感染者2日連続300人台
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
伝統家屋「韓屋」の歴史館1日開館
「5G」加入者 1300万人に迫る
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
韓国11月までにコロナ集団免疫目標
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
コロナ防疫レベル2週間据え置き
週間アクセスランキング
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]