韓国旅行「コネスト」 寒さを研究するキム・ソンジュン博士、韓半島の寒波を予言(1)。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

寒さを研究するキム・ソンジュン博士、韓半島の寒波を予言(1)

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
「北極の氷河が解けるだけでも韓半島の冬に影響を与えうる」

この冬に韓国を襲った寒波について、極地研究所のキム・ソンジュン博士(45)はこのように警告した。キム博士は18年間にわたり極地方を研究している。南極・北極には5回も行っている。キム博士は「北極振動」という理論で韓半島の酷寒を予想し、注目を浴びた。

キム博士は08年7月、北極点から600キロ離れたノルウェー領ニーオーレスン島の茶山(タサン)基地にいた。その年、北極は異様に暖かかったという。北極は夏にも氷点下の気温が維持されるが、当時は4−5度の気温が続いた。キム博士は「フィヨルドを眺めながら普通でないことが起こりそうな予感がした」と語った。大雪と寒波で全国が凍結した5日、キム博士は08年の北極を思い出していた。氷点下15度まで気温が落ちた韓半島の異常寒波と北極の異常高温に関係があると考えたのだ。

キム博士はすぐにインターネットで米国海洋大気庁の北極振動指数をチェックした。予想した通り異常兆候があった。昨年12月初めから北極振動指数が大幅に落ちていた。この指数が低いということは、北極振動が強くなり、冷気が低緯度地域に移動することを意味する。3から−3の間を上下する指数が−6まで落ちたという。米国海洋大気庁も±3の範囲を表示していた図表を修正するほど異例の状況だった。キム博士は「北極の冷気が過度に南に下りてきて韓半島に酷寒をもたらした」という結論に到達した。

一般人にあまり知られていない北極振動が今回の韓半島の酷寒を説明する一つの仮説になったのだ。寒波が去った18日、北極振動指数はまた正常値に回復したという。


COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2010年01月19日 08:20
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国の新規コロナ感染者672人
BTSイベント 視聴者270万人超
きょうから都市部で制限速度引き下げ
セウォル号沈没事故から7年
JYPがオーガニック化粧品に出資 
政府11月まで集団免疫獲得目標維持
南陽乳業に「株価操作」の声
政府報告書「内需不振の緩和」に言及
大統領候補の支持率前検事総長25%
韓国政府が「特別旅行注意報」再延長
パクソジュンら主演映画クランクイン
週間アクセスランキング
BTS17日にイベント無料配信
21.04.12
女優カン・ソラ 第1子女児を出産
21.04.15
パクソジュンら主演映画クランクイン
21.04.16
12日から屋内でマスク常時着用
21.04.12
パク・ソジュン10周年ファンミ開催
21.04.15
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]