韓国旅行「コネスト」 <インタビュー> 音楽家・画家として活躍するマキ奈尾美さん。韓国の政治ニュース
KONEST

<インタビュー> 音楽家・画家として活躍するマキ奈尾美さん

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル12日聯合】駐韓カタール大使宅を訪れた時、鮮やかな黄色でダイナミックに描かれた抽象画が目に飛び込んできた。韓国の春を知らせるレンギョウを表現しているという。

 マキ奈尾美(アルミダディ奈尾美)さん(47)は、カタール大使夫人として、また4人の子の母として忙しい日々を送りながら作曲家、ピアニスト、画家として活躍している。外交活動や子育て、ボランティアに追われ時間が限られる中でも、インスピレーションがわくと筆を取り、鍵盤に向かう。その活動は幅広く、絵画の展示会やチャリティーコンサートを行う傍ら、英国の著名なバイオリニストと共演したCDなど4枚をリリースした。これまで28年間にわたり、毎年冬にはテナー歌手の父親、ピアニストの母親とともに日本でリサイタルも開催している。

 奈尾美さんは、画家でもある父親の展示会で現カタール大使のアーメッド・セイフ・アルミダディ氏と出会い、17年前に結婚した。外交官夫人として米ニューヨークや英ロンドンに駐在し、大使夫人として3年前にソウルを訪れた。「初めて仁川空港に降り立ったとき、自然のパワーともいうべき目に見えないエネルギーを感じました」。たちまち韓国の伝統民謡や舞踊に興味を覚え、それらをアレンジし曲に取り入れていくことで自分の音楽もずいぶん変わったと話している。

 これまでにヘグン(胡弓)やテグン(大型の横笛)など韓国伝統楽器の演奏者とコラボレーションコンサートも開催し、韓国人の音楽性を「アジア人特有の繊細さを備えながら、感じたままを体で表現できる特性を持ち合わせていますね」と評した。ユルラン(栗卵)と呼ばれる、クリとはちみつで作るシンプルな伝統菓子に「素朴な中にも美しさを見いだす韓国人の性質を感じた」といい、同名の曲を書いたほど、韓国での生活は自身の作品に大きな影響を与えているという。

 奈尾美さんはまた、外交と芸術活動は通じるものがあると話す。「外交というとすごく大きなことを考えがちですが、人と人が限られた時間でどれだけ深く感じ合えるかを念頭に置き、常に『一期一会』の気持ちで臨んでいます。音楽や絵画を通じても多くの人と出会いますが、人は十人十色のすばらしさがあります。自分にはないものを吸収することで、それが自分の作品や人生をより豊かにしてくれるんですよ」

 コンサートで上げた収益は白血病や脳腫瘍(しゅよう)患者への寄付に当てている。今後もチャリティーコンサートなどへの参加を通じ、救済の手が行き届いていない小規模施設・団体に援助を続けていきたいと話した。(記事=小松朋子)
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2007年09月13日 11:30
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者数356人
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
韓国11月までにコロナ集団免疫目標
ワクチン初日に1万8489人が接種
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
「KCON:TACT3」出演者決定
1月の映画観客数と売上高 過去最低
コロナ防疫レベル2週間据え置き
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
週間アクセスランキング
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
INFINITEのエル海兵隊に入隊
21.02.22
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]