韓国旅行「コネスト」 来年、南北首脳会談の可能性…開催場所は板門店・開城地域か。韓国の政治ニュース
KONEST

来年、南北首脳会談の可能性…開催場所は板門店・開城地域か

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
来年の上半期以後、南北首脳会談が開催される可能性があるという分析が出た。場所はソウルではないとしても板門店(パンムンジョム)や開城(ケソン)、都羅山(トラサン)地域が考慮できるという見通しだ。

統一研究院(院長ソ・ジェジン)は 30日「2010年北朝鮮及び南北関係情勢展望報告書でこのように明らかにし『首脳会談は核問題と南北関係の新しい突破口を開くために必要だ』と強調した。また「経済難と後継者構図構築など、多くの理由で時間に追われる北朝鮮の立場では南北関係を冷却状態で進めるわけにはいかない」と付け加えた。

報告書は「長官級会談のような高位級会談の開催が必要だ」とし「長官級会談が開かれる場合、南北代表を誰にするかの問題が争点になる」と予想した。

統一研究院は「2010年に政府は離散家族再会と国軍捕虜・拉北者(北朝鮮に拉致された者)問題を対北政策の核心課題として推進する」とし「北朝鮮が韓国側に物質的対価を露骨に願っている状況であることから、進展については韓国政府の対北支援にかかっている」と指摘した。特に国軍捕虜・拉北者問題の場合、過去、東ドイツに対する支援の対価として政治犯を釈放・送還した西ドイツのフライカウフ(Freikauf)方式を取り入れ「対北支援と連携できる」と明らかにした。

北朝鮮内部情勢について、最大の危機変数は金正日(キム・ジョンイル)国防委員長の健康悪化が挙げられた。2010年は光復と労働党結成65周年を迎え、北朝鮮としてはいわゆる変化の年(5、10年周期)という意味がある。金正日体制守護を強調する状況で、同委員長の健康問題が核心になるというのだ。

本紙は「金正日国防委員長としてはすぐにも対外関係を安定させ、後継者構図を構築することが必要だ」とし「同委員長の健康状態が大きく悪化しない限り、後継者の公式発表は2012年まで延ばすが、内部的には宣伝作業と権力構図改編が行われるだろう」と見通した。金正日委員長は息子への後継者体制完了のために「主要職責をキム・ジョンウン支持勢力に与え、彼らに国防委員会主要職位を付与することも考えられる」と付け加えた。


COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2009年12月31日 08:15
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国、ワクチンパスポート導入慎重に
ソウル市の人口が1千万人以下に
ピクサー、韓国おばあさん主題アニメ
APRIL「メンバー間いじめ」論争
オリンピック公園にKPOPスタジオ
新規コロナ感染者数444人
アストラゼネカ 高齢者への接種検討
「ザ現代ソウル」に瑞典SPA1号店
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
コロナ終わった?3連休で各地賑わう
週間アクセスランキング
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
3月から留学生健康保険の加入義務化
21.02.26
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
21.02.25
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]