韓国旅行「コネスト」 <インタビュー>スリラー映画で女刑事役に挑戦、ハン・ヘジン。韓国の芸能ニュース
KONEST

<インタビュー>スリラー映画で女刑事役に挑戦、ハン・ヘジン

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル25日聯合ニュース】「映画を見てとても恥ずかしかったです。自分の演技の弱いところばかりが見え、撮り直したいと切実に思いました」――。スリラー映画「容赦はない」で、賢くタフな女性刑事のミン・ソヨンを演じたハン・ヘジンは、出演した感想をこのように語った。

「がんばれ!クムスン」(2005年)やドラマ「朱蒙」(2007年)で株を上げたが、映画出演は「アー・ユー・レディ?」(2002年)、「達磨よ、ソウルへ行こう」(2004年)の2作品にとどまる。いずれも端役で、実質的には今回が初のスクリーン挑戦ということになる。

最近会ったハン・ヘジンは、「シナリオを見て手ごわいと感じたが、挑戦してみたかった。自分に対するイメージを破りたかった」と明かした。女性らしくて端正なイメージの彼女は恋愛ものなどがよくはまりそうだが、映画は残酷だ。臓器をえぐりだす解剖のシーン、四肢を切断するシーンがたびたび登場する。

意外なジャンルを選んだのは、マンネリから抜け出すため。経験を積みたい気持ちでいっぱいで、学ぶことの多い作品に出たいと思い出演を決めたが、「結果的に良い選択だったと思う」と自評する。

映画はドラマと大きく違い、台本よりも現場で作り上げていくプロセスが重要だった。「(解剖医役の)ソル・ギョングさんは台本より現場に集中していました。自分の演技本能を信じてまかせるんですね。それで、実にうまく演じています。わたしは何かを見て絶えず努力しなければ、という強迫観念から台本を持ち歩く性格です。そうして出てきた結果を見ると恥ずかしくなりました。映画的な流れに合わせていくのが思ったより難しかったです」。

しかし、映画出演で演技への自信が高まったのも事実だ。来年1月から放映されるメディカル歴史ドラマ「済衆院」の撮影に入ったとき、以前には分からなかった細かい撮影のムードまで感じ取れたという。

デビュー後、特に曲折もなく前進を続ける彼女にライバルはいるのだろうか。「ライバルはいません。最近の新人もとても演技が上手です。メディアに親しんでいる世代のせいか、カメラに慣れていますね。全部うらやましい才能です。ライバルはいませんが、大学の同期にソン・イェジンがいます。本当に賢く自分の道を行く友達。同じ女優としてうらやましい(笑)」。

6年間交際している歌手ナオルとの結婚については、「来年には彼もアルバム準備があり、わたしもドラマなどで忙しいと思う」と話し、まだ計画がないと明かした。

いつも映画への憧れがあり、どんなに忙しくても週に一回は映画館に足を運ぼうとする。そんな彼女は、来年には普遍的な「愛」を扱った恋愛ものに挑戦し演技を認めてもらい、「映画女優としての幸せを享受したい」と抱負を語った。
 
 
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2009年12月25日 15:29
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
出入国・外国人管理機関訪問予約制に
ワクチン副反応が新たに860件
BTSグローバル・アーティスト1位
韓国の新規コロナ感染者398人
ワクチンCOVAXから105万人分
文大統領 首席秘書官の辞表受理
韓国アイドル 1億人を動かす影響力
スーバージュニア 遂に新音盤発売
俳優ジス 過去の暴力への謝罪文掲載
週間アクセスランキング
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
3月から留学生健康保険の加入義務化
21.02.26
コロナ終わった?3連休で各地賑わう
21.03.02
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]