韓国旅行「コネスト」 【社説】著作権保護はコンテンツ産業振興の核心。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

【社説】著作権保護はコンテンツ産業振興の核心

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
政府がニュースコンテンツの有料化に率先することにした。文化体育観光部が大統領に報告した来年度業務計画によると、各政府機関のホームページや電子スクラップ・電子掲示板に含まれるニュースコンテンツを、報道機関に適正価格を支払って購入する方針という。今年39の政府部処のニュースコンテンツ購買額は2億9000万ウォン(約2400万円)だが、部処別に業務に必要なニュースだけを選んで見る電子スクラップと内部電子掲示板に載せるニュースを合わせると46億ウォンになるという。金額自体は大きくはないが、政府が率先してニュースコンテンツの著作権に対する認識を高めようとする努力が望ましい。ニュースコンテンツの著作権問題は、今月初めインドで開かれた世界新聞協会(WAN)年次総会の核心話題でもあった。政府の努力が民間に広がることを期待する。

著作権はニュースコンテンツだけに限られた問題ではない。罰則が強化された改正著作権法が7月に施行され、文化部傘下の「著作権警察」が常時取り締まりを行っているが、国民一般の認識は相変わらず「コンテンツは無料」というレベルから抜け出せずにいる。昨年発生した犯罪183万6496件のうち著作権法違反事件が3.7%にのぼるのも、こうした後進的な認識による影響が大きい。同じ年の24万7055件の告訴事件のうち著作権関連告訴は8%に達した。文化部が来年、法改正を通して映画・音楽などの違法複製物を受けた人にも民事上損害賠償責任を問えるようにしたのは一種の苦肉策だろう。国民一人ひとりがコンテンツ著作権に対する認識を改めなければならない時期だ。

著作権が十分に保護されなければ、文化部が一昨日報告した「1億ドル輸出コンテンツクラブ30件育成」「コンテンツ産業母胎ファンド1000億ウォン出資」の政策も空念仏に終わるのは明らかだ。アニメ「ポロロ」、ドラマ「チャングム」、ゲーム「リネージュ」など国産コンテンツが海外で大金を稼げるのは著作権のためだ。ニュースからアニメまですべてのコンテンツは当然、適正価格を支払って利用するという風土が早期に定着しなければならない。映画「海雲台(ヘウンデ)」「ウォナンソリ」違法複製問題のようなことは今年が最後にならなければならない。
 
 
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2009年12月24日 10:02
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者数446人
「レモナ」の新モデルはTWICEに
女優イ・ジウンさんが遺体で発見
韓国の消費者物価 OECDで4番目
AZ製ワクチン65歳以上接種可能
DAY6のソンジン、陸軍に入隊
文大統領が国際女性デーにメッセージ
APRILイ・ナウン、ドラマ降板
観光客コロナ以降月平均1万人満たず
光化門広場の西側道路閉鎖 不満続出
週間アクセスランキング
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
21.03.05
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
電車でハンバーガー食べた女性を立件
21.03.05
ワクチン副反応が新たに860件
21.03.05
ソウル五輪主題歌歌手 がんで死去
21.03.05
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]