韓国旅行「コネスト」 作曲家が選んだ今年の曲は「アブラカダブラ」。韓国の芸能ニュース
KONEST

作曲家が選んだ今年の曲は「アブラカダブラ」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
年末を控え、歌謡界を決算する授賞式や関連記事に関心が集まっている。音盤・音源販売量を主要基準とする第24回ゴールデンディスク賞はスーパージュニアの「sorry,sorry」(ディスク部門)と少女時代の「Gee」(音源部門)を今年の歌謡界の主人公に選択した。

歌謡の消費者であるファンの選択ではなく、作曲家の選択で歌謡授賞式を行えば結果はどうなるだろうか。歌謡界で作曲家は歌謡企画会社とともに重要なコンテンツ生産主体だ。歌謡界の専門家集団である作曲家が選択した今年の曲を選んだ。

▽今年の傑作は「アブラカダブラ」

作曲家に「大衆性と作品性を兼ね備えた今年の傑作」を3曲ずつ選んでもらったところ、最も得票が多かったの曲はブラウンアイドガールズの「アブラカダブラ」(作詞キム・イナ、作曲イ・ミンス、ジヌ)だった。強烈なエレクトロニックサウンドのダンス曲で、ブラウンアイドガールズの存在感を高めた曲だ。作曲家らは「強烈な電子サウンドとブラウンアイドガールズのダンスが調和した作品」「エレクトロニクス系列の曲だが、独特の音が引き立つ曲」とし、「アブラカダブラ」を選んだ。

2位は2NE1の「ファイヤー」(作詞・作曲テディ)だった。「一度にアピールすることだけのことはあった魅力的なフックとグルーヴィーなリズムがよく合っている」「シンセサイザートーンの洗練されたテーマが耳に残る」という評価だった。

3位は少女時代の「Gee」とキム・テウの「愛の雨」(作詞キム・テウ、作曲イ・ヒョンスン)が選ばれた。「Gee」と「愛の雨」は共通して「大衆的なメロディーラインをとてもうまく使った曲」という評価だった。「Gee」は「アニメ音楽を聴くように少女時代のイメージをよく表現した曲」とも評価された。また「愛の雨」は「リフレーンのコード展開がいい」「後半からビート中心のメロディーを作ったのが新鮮」という評価を受けた。


COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2009年12月22日 14:50
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者416人
ワクチン接種 開始9日で30人万超
「社会的距離」草案4段階に簡素化へ
ホン・サンス監督ベルリン脚本賞受賞
電車でハンバーガー食べた女性を立件
ソウル五輪主題歌歌手 がんで死去
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
出入国・外国人管理機関訪問予約制に
ワクチン副反応が新たに860件
BTSグローバル・アーティスト1位
週間アクセスランキング
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
21.03.05
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
コロナ終わった?3連休で各地賑わう
21.03.02
ワクチン副反応が新たに860件
21.03.05
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]