韓国旅行「コネスト」 [芸能]歴史ドラマ「推奴」、チャン・ヒョク、オ・ジホら主演。韓国の芸能ニュース
KONEST

[芸能]歴史ドラマ「推奴」、チャン・ヒョク、オ・ジホら主演

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
来月6日から放送されるKBS第2ドラマ「推奴」の制作発表会が21日に行われ、主演のチャン・ヒョク、オ・ジホ、イ・ダヘらが出席した。

奴婢(ぬひ)を追うイ・テギルを演じるチャン・ヒョクは、パーマの髪を肩まで伸ばし、うっすらとひげを生やした姿で登場。5カ月余りの撮影でデギルになりきった感を与えた。

チャン・ヒョクは出演を決めた理由について、歴史ドラマによく出てくる王宮や英雄の話ではなく、奴婢と民草を扱っているというところが魅力的だったと話した。時代劇の雰囲気がある歴史ドラマという点も気に入ったという。

デギルは、両班(貴族階級)の出ながら、一族が滅びた後は逃亡する奴婢を追う「推奴輩」に転落する。人々にさげすまれながらも朝鮮一の推奴輩だというプライドを持ち、一方では幼少のころに奴婢として仕えていたオンニョン(イ・ダヘ)への思いを心の片隅に抱えているという複雑な人物だ。

こうした役は演じるのが難しいものだが、チャン・ヒョクは「ただの悪役、善人ではなく、状況により変わらざるを得ない姿がむしろ魅力的だった」と、デギル役への愛着を示した。

一方、「追われる者」ソン・テハを演じるオ・ジホは、「シナリオを見て自分がやらねばと思った」と明かした。2005年には歴史物への心配から「著童謡」への出演を断ったが、今回、本格的に挑戦することになる。「最初はトーンをつかもうと苦労したが、つかめてからは大きな問題はなかった」と、自信をうかがわせた。

アクションシーンでの苦労も多く、序盤の撮影では1カ月に20日はアクションシーンの撮影に費やした。チャン・ヒョクと2人で2日間、アシの茂みの中で撮影したアクションシーンが特に記憶に残っているという。

演じるソン・テハは、朝鮮一の武将として昭顕世子(仁祖の子)に随行するうち、その志に感銘を受け、奴婢に没落した後にも昭顕世子の末息子を守ろうとする人物。ロマンチック・コメディーから脱却したいと思っていたところにオファーを受けた役で、「ソン・テハを通じ男性らしい魅力を見せたい」と語った。


COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2009年12月22日 12:26
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
女児虐待死事件 養母に無期懲役判決
BTS、米人気雑誌の表紙飾る
韓国政府が「特別旅行注意報」再延長
BTS「フレンズ」特別編ゲスト出演
新規コロナ感染者2日連続700人超
ポン・ジュノ監督 アニメ映画制作へ
パク・ソジュン主演ドラマが漫画化
コロナ自主隔離中に抜け出し実刑判決
KAISTがグローバル企業に選出
がん闘病中のBoA兄、応援に感謝
週間アクセスランキング
海外で韓国のチョコパイが人気
21.05.11
済州航空・機内食カフェがオープン
21.05.11
パク・ソジュン主演ドラマが漫画化
21.05.13
7月から新しい防疫基準を適用
21.05.12
BoAの兄が腹膜がんを告白
21.05.11
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]