韓国旅行「コネスト」 ‘部屋から対馬まで見える’高層マンションが人気(1)。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

‘部屋から対馬まで見える’高層マンションが人気(1)

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
国土が狭い韓国では高層・高密化建設が常に宿題だった。建物を高く築いて土地を効率的に使おうという試みは、マンション普及が始まった1970年代に本格化した。1972年、ソウル永登浦区汝矣島(ヨイド)に当時では最も高い12階建てマンションが誕生した。当時のマンションが5−6階建てであることを考えると‘超高層’だったわけだ。1980年代に入ると高さは20階程度にぐっと伸び、1990年代に入ると25~30階のマンションが続々と建設された。

しかし当時の高さ競争は‘どんぐりの背比べ’だった。政府の階数規制と技術不足のため、ほとんどのマンションが30階を超えることはできなかった。

しかし2000年代に入ると雰囲気が大きく変わった。土地が不足する中、建築技術が向上し、ソウル江南(カンナム)一帯と首都圏新都市を中心に40階を超える超高層住商複合マンションが次々と建てられ始めた。

現在、国内で最も高いマンションは江南区道谷洞(カンナムグ・ドゴクドン)の「タワーパレス3次」。69階・264メートルで、汝矣島(ヨウィド)63ビル(239メートル)より25メートル高い。「タワーパレス」の次はソウル陽川区木洞(ヤンチョング・モクドン)「ハイペリオン」(69階・256メートル)だ。これらのマンションは、圧倒的な高さによる開かれた眺望権で住宅需要者を魅了した。分譲代行会社のキム・シン社長は「マンションの高層化ブームを起こしたのも、眺望権の価値が再評価され始めたのも、この時期からだ」と述べた。

マンションの下から見れば仰ぎ見るような高さだが、こうしたマンションの時代も過ぎていく。2けた階数、高さ300メートルを超えられなかったマンションが、今後、100階という3けた階数・高さ400メートル以上で建設できるということだ。100階の超高層住居施設の最も大きな武器は卓越した眺望権。 建設業界によると、普通100階の高さから確保される可視距離は約50キロだ。 現代(ヒョンデ)産業開発設計チームのチェ・ヨンソク部長は「72階の釜山市海雲台区(プサンシ・ヘウンデク)のアイパークも釜山(プサン)全域はもちろん、天気がよければ40キロ離れた対馬も見える」と述べた。


COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2009年12月09日 15:48
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
チャ・ウヌ 来月オンラインファンミ
新型コロナのセルフ検査キットを販売
Mnetサバイバル番組で感染者確認
こどもの日に株式をプレゼント?
女優ホン・スヒョン 一般男性と結婚
辛ラーメン 海外売上高が増加
韓国の新規コロナ感染者574人
「夫婦の世界」のコサン市はどこ?
韓国女子カーリング 延長戦の末勝利
韓国経済は好調、雇用は依然冬眠中
ワクチン接種者 きょうから隔離免除
週間アクセスランキング
大韓航空 最も「高い」客を乗せた
21.04.30
非婚出産のサユリ息子と人気番組出演
21.05.03
ソン・ジュンギ 来月7日ライブ配信
21.05.01
ワクチン接種も278人がコロナ感染
21.05.04
ワクチン接種者 きょうから隔離免除
21.05.05
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]