韓国旅行「コネスト」 国内携帯電話市場、処理速度1ギガヘルツ時代に。韓国の経済ニュース
KONEST

国内携帯電話市場、処理速度1ギガヘルツ時代に

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
携帯電話業界が9日に明らかにしたところによると、LG電子が来年初め、国内で初めて米クアルコムの最新チップセットプラットフォーム「スナップドラゴン」を採用した携帯電話端末機をリリースする。スナップドラゴンは現在の携帯電話プロセサ最速の処理速度1ギガヘルツを誇る。

この端末機は、スマートフォンではなく一般の3.5インチフルタッチパネルモデル。無線LAN、3.5ミリ径イヤホンジャック、ブルートゥースなど一般的携帯電話に搭載可能なすべての機能を備えた。

これに先立ち同社は、今週初めに米国市場でスナップドラゴンを搭載したスマートフォン「eXpo」を発売している。
一方、パンテック系列の携帯電話ブランド「スカイ」も、来年第2四半期にリリースする初のスマートフォンにスナップドラゴンを搭載する計画だ。3.7インチアクティブマトリックス式有機EL(AMOLED)で、基本ソフト(OS)には米グーグルの「アンドロイド」を採用、無線LAN、GPS、DivXプレイヤーなどの機能を支援する。同社はこれを皮切りに、来年は5~6モデルでスナップドラゴンを搭載する考えだ。

サムスン電子も、処理速度1ギガヘルツの製品を来年中に発売する計画だ。他メーカーとは異なり、スナップドラゴン以外にも独自に開発したモバイルCPUを搭載する製品を準備中だと伝えられる。

同社は9月に台湾で開催したモバイル関連フォーラムで、英ARMの最新コア「コアテックス−A8」基盤の低電力工程を適用し、電力消耗を抑えながら1ギガヘルツのクラックスピードを実現したモバイルCPUを発表している。特に、業界で初めてフルHD(ハイビジョン)級の高解像度動画の録画と再生が可能なハードウェアコーデックを搭載し、携帯電話のマルチメディア機能を大幅に強化するものと期待されている。

このほか、ソニー・エリクソンもスナップドラゴン搭載スマートフォンの国内リリースを検討中だと伝えられる。国内携帯電話市場の速度競争は今後さらに過熱しそうだ。


COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2009年12月09日 10:41
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者2日連続400人超
ワクチン初日に1万8489人が接種
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
「KCON:TACT3」出演者決定
1月の映画観客数と売上高 過去最低
新型コロナワクチン韓国で接種始まる
コロナ防疫レベル2週間据え置き
2032年南北五輪へ「努力続ける」
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
週間アクセスランキング
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
INFINITEのエル海兵隊に入隊
21.02.22
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]