韓国旅行「コネスト」 現代・起亜の海外生産、トヨタ抑え世界一が確実に(1)。韓国の経済ニュース
KONEST

現代・起亜の海外生産、トヨタ抑え世界一が確実に(1)

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
現代(ヒョンデ)・起亜(キア)自動車の海外生産規模が2012年にトヨタを上回り世界1位になることが確実視されている。韓国自動車産業研究所と韓国自動車工業協会が6日、現代・起亜自動車と主要自動車メーカーを対象に海外生産規模を分析した結果、現代・起亜自動車は2011年末に364万台の海外生産施設を備え、世界トップの350万台の施設を持つトヨタを上回る見通しとなった。

2012年に現代・起亜自動車の海外生産拠点の中では中国が最も大きい。北京で90万台、上海近郊の塩城で44万台を生産する。次いでインド・チェンナイ、米アラバマとジョージア、チェコとスロバキアがそれぞれ60万台、トルコが20万台、ロシア・サンクトペテルブルクとブラジルがそれぞれ15万台だ。この場合国内生産規模300万台と合わせて年間664万台となり、トヨタ、フォルクスワーゲン、ゼネラルモーターズ(GM)に次いで世界4位への跳躍が可能になる見通しだ。

現代・起亜自動車が海外生産でトヨタを上回ると予想する理由は、トヨタが規模を減らしているのに対し、現代・起亜自動車は持続的に拡張しているためだ。

現代自動車は先月、2011年末の完工を目標に北京で年産30万台規模の第3工場を建設することにした。またブラジル・ピラシカバに同年の完工を目標に年産15万台規模の工場を来年初めに着工する。

これに対しトヨタは昨年の金融危機以降、450万台に達した海外生産を大幅に減らし、今年は300万台未満に縮小した。しかし中国での好調を予想し2011年末まで60万台を増産し年160万台規模を確保する計画だ。トヨタは中国以外で海外生産を増やすよりは国内生産安定化に力を入れる戦略により、2012年に海外生産規模が350万台にとどまる見通しだ。GMも同様にサーブの売却とオペルの構造調整で2012年の海外生産規模は300万台を下回るものとみられる。フォルクスワーゲングループの海外生産は250万~300万台、フォードは200万~250万台が予想される。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2009年12月07日 09:46
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
女優カン・ソラ 第1子女児を出産
「マッコリ醸造」が韓国無形文化財に
キューブ 新グループデビューを予告
板門店見学ツアー 4カ月ぶり再開へ
パク・ソジュン10周年ファンミ開催
韓国の新規コロナ感染者698人
韓国人教授 エコな花粉スポンジ開発
韓国入り脱北者 前年の7割減
東京五輪まで100日 韓国の目標は
BTSジミンの衣装 オークションに
週間アクセスランキング
LINE ジスとキャラクター開発
21.04.09
BTS17日にイベント無料配信
21.04.12
12日から屋内でマスク常時着用
21.04.12
ユン・ゲサン漫画原作ドラマ主役に
21.04.09
5人以上の集まり禁止3週間延長
21.04.09
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]