韓国旅行「コネスト」 映画「ボイス」、ハリウッドリメークへ。韓国の芸能ニュース
KONEST

映画「ボイス」、ハリウッドリメークへ

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
映画「ボイス」(英題:「Phone」、原題:「フォーン」)のハリウッド・リメーク制作発表会が3日午前、ソウル光化門(クァンファムン)のミロスペース(MIROSPACE)で行われた。

02年に公開されたハ・ジウォン主演の映画「ボイス」は、当時ホラー映画としては異例の260万人の観客を動員し、大ヒットした。原作に続きリメーク作品の演出を務めたアン・ビョンギ監督はこの日、ハリウッド制作会社・イムプリントエンターテイメント(IMPRINT)のモーガン代表と了解覚書を締結し、共同制作を発表した。

詰めのシナリオ作業に入った同作品の出演者はまだ決まっていないが、「ニュームーン/トワイライト・サーガ」などを制作したイムプリントエンターテイメントに所属する俳優で決まるとみられる。アン監督とモーガン代表のほかに、マイケル・ベーカーとチェ・ヒスン・ミロビジョン代表が共同プロデューサーとして加わる。

アン監督は「02年に低予算で撮影し、残念な部分が多かったが、今回は1000万ドル(約9億円)の制作費が保障され、表現面で、より充実できる」とした後「米国ではホラー映画が興行に失敗することがほぼない。これまでは韓国映画のハリウッド・リメーク作品が成功できなかったが、「ボイス」は興行の可能性が高い」と自信を示した。

韓国の制作スタッフと共同で制作する方針を決めたモーガン代表は「日本のホラー映画『呪怨』(英題:「The Grudge」)のリメークが成功した事例をそのまま踏むことになる」とした上で「韓国の映画制作スタッフは実力が高いと聞いており、景気低迷で米スタジオでの映画制作が円滑でないため、コスト削減の側面もある」と説明した。

モーガン、ベーカー両プロデューサーは4日と5日、同作品の撮影地やスタジオを見学した後、土曜日に帰国する。「ボイス」のリメーク作品は2011年夏の公開を目指し、来年後半にクランクインする予定だ。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2009年12月04日 12:05
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国女子サッカー東京五輪出場ならず
BOF パークコンサート出演者決定
ソウル市長 政府と異なる防疫措置
ブラックピンク 登録者数世界2位に
スター着用衣装など 韓服展示会開催
ユン・ヨジョン、授賞式前に思い語る
韓国の新規コロナ感染者542人
政府 コロナへの特別対策を策定
イ・ジュニク監督新作 週末興行1位
BTS17日にイベント無料配信
週間アクセスランキング
ソウル市 月2で肉無し学校給食
21.04.08
ソウルの新市長にオ・セフン氏が当選
21.04.08
LINE ジスとキャラクター開発
21.04.09
AZ製ワクチン 接種見合わせ
21.04.07
12日から屋内でマスク常時着用
21.04.12
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]