韓国旅行「コネスト」 釜山市内の実弾射撃場、火災・安全管理に不備。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

釜山市内の実弾射撃場、火災・安全管理に不備

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【釜山3日聯合ニュース】日本人観光客を含む15人の死亡者を出した釜山・中区の室内実弾射撃場火災を受け、警察と消防、電気など関係機関は19~23日、釜山地域の射撃場3カ所で合同点検を実施した。その結果、火災や安全の管理にかなりの問題があることが分かった。
 釜山警察庁が3日に明らかにしたところによると、ある射撃場は、火災の原因となる恐れがある分電盤が発射台の内側に位置しており、弾薬庫内には電気施設があった。今月10日までに移転または撤去するよう命じた。また、保管できる実弾数は2万発までと定められているが、約2万5000発を保有していたため、15日間の営業停止処分とする予定だ。

 別の射撃場は、実弾倉庫内の電気施設(電灯)撤去とともに、標的後ろの砂地の補強が急がれる状態だった。発射台内側にある分電盤を屋外に移転し、天井の配管は金属または難燃性のものに取り替える必要があると指摘した。

 もう1つの射撃場では、防弾ヘルメットが配置されておらず、標的が鉄板で作られており流弾する恐れがあったため、標的をゴム板で覆うよう施設補完命令を下した。発射台の防音材も不燃性素材に交換するよう勧告した。

 また、この射撃場は警察に対し、これまでは実弾数をまともに管理してこなかったが火災発生を受け動き出した、と反発している。同射撃場では2006年からことし5月まで、3万発から多いときで10万4000発余りの実弾を保有していたと記録が残されていた。これが事実ならば、最高で規定の5倍を超える実弾を保有していたにもかかわらず、当時点検を行っていた警察はそうした事実を知りながら特に罰していなかったということになる。

 これに対し、釜山警察庁関係者は「これまでも実弾数を適正水準にするよう指導してきたが、業者側が是正していなかった。今回の点検でこれを確認し、行政処分に至った」と説明している。

COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2009年12月03日 13:58
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
出入国・外国人管理機関訪問予約制に
ワクチン副反応が新たに860件
BTSグローバル・アーティスト1位
韓国の新規コロナ感染者398人
ワクチンCOVAXから105万人分
文大統領 首席秘書官の辞表受理
韓国アイドル 1億人を動かす影響力
スーバージュニア 遂に新音盤発売
俳優ジス 過去の暴力への謝罪文掲載
週間アクセスランキング
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
コロナ終わった?3連休で各地賑わう
21.03.02
文大統領が演説で日韓関係に言及
21.03.01
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]