韓国旅行「コネスト」 ハイブリッド車タクシーをソウルで運行、国内初。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

ハイブリッド車タクシーをソウルで運行、国内初

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル3日聯合ニュース】燃費がよく温室効果ガスや大気汚染物質の排出が少ないハイブリッドカーのタクシーが国内に初登場する。
 環境部、ソウル市、大韓LPG協会、全国タクシー運送事業組合、現代・起亜自動車は3日、ハイブリッド・タクシーのパイロット事業推進に向けた協定を締結し、同日から初運行に入ると明らかにした。下半期から量産されている現代自「アバンテ」と起亜自「フォルテ」のLPiハイブリッドカー10台が、ソウル地域のタクシー会社5社で2年間運行される。

パイロット事業用車両は、液化石油ガス(LPG)を燃料とし、5.3アンペア時で180ボルトのバッテリーを搭載。排気量は1591cc、空車重量は1297キログラム。二酸化炭素排出量は1キロメートル当たり99グラム、燃費は1リットル当たり17.8キロメートル。

 汚染物質排出量は、二酸化炭素が一般車両の半分を若干超える程度、一酸化炭素は3分の1、窒素酸化物は10分の1水準だという。また、燃費はハイブリッドLPGモデルではない同車種がなく単純比較は難しいが、ガソリンモデルの同級車の公認燃費(1リットル当たり15.2~15.8キロ)より優秀との説明だ。

 現代・起亜自は車両にモニタリング装備を搭載し、2カ月に1度の頻度で車両の状態を点検、耐久性や燃費、バッテリー性能などを評価する予定だ。大韓LPG協会は燃料費の一部を負担する。環境に配慮した「グリーン・カー」のイメージを際立たせる車両デザインは、ソウル市が行う。

COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2009年12月03日 09:55
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者数344人
コロナ終わった?3連休で各地賑わう
ストレイキッズのヒョンジン活動休止
「ミナリ」ゴールデングローブ受賞
文大統領が演説で日韓関係に言及
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
伝統家屋「韓屋」の歴史館1日開館
韓国11月までにコロナ集団免疫目標
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
週間アクセスランキング
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
21.02.25
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]