韓国旅行「コネスト」 韓国労働研究院、国策研究機関初のロックアウトへ。韓国の政治ニュース
KONEST

韓国労働研究院、国策研究機関初のロックアウトへ

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国労働研究院(院長:朴基性)が30日午後4時20分、労組員の争議行為に対抗し、ロックアウト(作業所閉鎖)を断行した。

国策研究機関が労組のストライキに対抗しロックアウトに踏み切った初のケースとなる。朴基性(パク・ギソン)院長は中央日報の電話取材に対し「71日間も労組がストライキを展開し、国策研究機関としての機能をきちんと遂行できなかった」とした後「止むを得ずロックアウトを断行することになった」と明らかにした。

韓国労働研究院の労組は修士級以下の職員57人(博士1人)からなっている。今年9月21日から、研究院が団体協約の解約を通報したのを受け、71日間にわたりストライキを展開中だ。

朴院長は「労組員が研究院内にスピーカーを設置し、80デシベル以上の騒音を起こすなど研究活動を深刻に妨害している」とした。韓国労働研究院はソウル汝矣島(ヨウィド)の中小企業会館9階を賃貸し使っている。朴院長は「労組が団体協約の内容のうち人事・経営権を侵害する条項を削除しない限り、労組と交渉しない」と述べた。

労組は「研究院がきちんとした交渉も行わず、一方的に団体協約を解約した」としている。

COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2009年12月01日 12:38
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
大手事務所サイダスHQ代表が辞任へ
ザ・現代ソウル、英誌でデザイン賞
韓国の新規コロナ感染者511人
済州航空・機内食カフェがオープン
BoAの兄が腹膜がんを告白
海外で韓国のチョコパイが人気
電動キックボード 原付き免許必要に
今月の少女、文化海外広報大使に就任
全斗煥元大統領が控訴審初公判を欠席
釜山ワンアジアフェス1300万視聴
週間アクセスランキング
女優ホン・スヒョン 一般男性と結婚
21.05.06
チャ・ウヌ 来月オンラインファンミ
21.05.06
済州航空日本線の取消変更1回無料に
21.05.07
ユン・ヨジョン 8日に凱旋
21.05.07
ソウルなど全国各地に黄砂危機警報 
21.05.07
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]