韓国旅行「コネスト」 釜山射撃場火災にも、日本人観光客は減少せず。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

釜山射撃場火災にも、日本人観光客は減少せず

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル30日聯合ニュース】釜山・室内実弾射撃場火災は日本人観光客11人が死傷する惨事となったが、韓国を訪れる日本人観光客は減っていないことが分かった。観光業界が29日に伝えたところによると、14日の火災発生から2週間が過ぎた現在も、訪韓日本人数は増加傾向を維持している。
 韓進観光の日本人観光客集客数は、今月15日までが5089人、16日から現在までが5476人と、火災後に8%以上増えている。ハナツアーは11月の集客実績が6500人で、前月(5900人)、前年同月(6200人)に比べいずれも増加している。これは大多数の旅行代理店に共通してみられる現象で、旅行業界では、こうした傾向が続けば、ことしは年間日本人観光客数が史上初の300万人突破を記録するものと見込んでいる。

 業界のある関係者は、火災後に時折、日本の旅行会社から訪問先の消防点検の要請が入るものの、予約のキャンセルはほとんどないと話す。惨事にもかかわらず、安全に極度に敏感なはずの日本人の数にぶれがない理由に、火災と韓国観光を必ずしも結びつけていないという点が挙げられる。

 ある代理店関係者は、実弾射撃場は関心を持つ一部の人だけが訪れる場所で、ほとんどの日本人観光客はショッピングや美容に関心が向いていると話す。一部を除き、観光コースに実弾射撃場を入れている代理店はほとんどないという。韓国文化観光研究院が上半期に訪韓した日本人観光客20381人を対象に、韓国旅行での活動について尋ねた調査でも、ショッピングが75.9%で最も多かったが、遊興・娯楽との回答は4.4%にすぎなかった。日本人観光客は女性の割合が高く、活動が主にショッピングや美容に集中しているため、射撃場火災が与える影響は特にないということだ。また、今月に入り記録的な円高となり、日本の購買力が大幅に上昇したことも、ショッピングに人気が集中する要因となっている。

 また、鄭雲燦(チョン・ウンチャン)首相が火災発生直後に現場を訪れ遺族に謝罪するなど、政府の迅速かつ積極的な対応が日本のメディアを通じ広く報じられたことも、プラスに作用したと、旅行業界は分析している。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2009年11月30日 10:34
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国の新規コロナ感染者418人
ホン・サンス監督ベルリン脚本賞受賞
電車でハンバーガー食べた女性を立件
ソウル五輪主題歌歌手 がんで死去
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
出入国・外国人管理機関訪問予約制に
ワクチン副反応が新たに860件
BTSグローバル・アーティスト1位
ワクチンCOVAXから105万人分
文大統領 首席秘書官の辞表受理
週間アクセスランキング
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
コロナ終わった?3連休で各地賑わう
21.03.02
韓国アイドル 1億人を動かす影響力
21.03.04
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]