韓国旅行「コネスト」 結婚前提で性交渉する「婚姻憑藉姦淫罪」は違憲。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

結婚前提で性交渉する「婚姻憑藉姦淫罪」は違憲

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
「男性が結婚を約束したと言って性交渉をした女性の錯誤を国家が刑罰として保護するのは女性を劣等な存在として見ること」−−。

結婚すると欺いて女性と性交渉する「婚姻憑藉姦淫」に対する処罰条項は違憲だという憲法裁判所決定が下った。1953年から56年間維持され、時代相を反映してきた婚姻憑藉姦淫罪は歴史の中に消えることになった。この処罰条項で有罪判決を受けた人々は再審とともに国家に補償を請求することができる。

憲裁は26日、婚姻憑藉姦淫罪で起訴され、刑事処罰されたイム某さん(33)ら男性2人が出した憲法訴願審で裁判官6(違憲)対3(合憲)の意見で、刑法304条に対し、違憲と定めた。刑法304条は「婚姻を口実に、あるいはそのほかの手で性交渉の常習性のない婦女を欺いて姦淫した者は、2年以下の懲役または500万ウォン以下の罰金に処する」と規定している。

裁判府は「婚姻憑藉姦淫処罰条項は男性の性的自己決定権および私生活の秘密と自由を侵害するものとして憲法に違反する」と明らかにした。特に「男性が結婚を約束したと言って性交渉した女性の錯誤を国家が刑罰として保護するというのは、女性を劣等な存在として見るもの」とし「男女平等に反するだけでなく、国家そのものが女性の性的自己決定権を否認することになり得る」と強調した。

◆性的自己決定権=性交渉をするかどうか、その相手を自ら決めることのできる権利。憲法10条に規定された個人の人格権・幸福追求権に含まれる。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2009年11月27日 09:06
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者416人
ワクチン接種 開始9日で30人万超
「社会的距離」草案4段階に簡素化へ
ホン・サンス監督ベルリン脚本賞受賞
電車でハンバーガー食べた女性を立件
ソウル五輪主題歌歌手 がんで死去
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
出入国・外国人管理機関訪問予約制に
ワクチン副反応が新たに860件
BTSグローバル・アーティスト1位
週間アクセスランキング
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
21.03.05
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
コロナ終わった?3連休で各地賑わう
21.03.02
ワクチン副反応が新たに860件
21.03.05
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]