韓国旅行「コネスト」 鶏肉メーカーのマニカー、日本への参鶏湯輸出が急増。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

鶏肉メーカーのマニカー、日本への参鶏湯輸出が急増

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル23日聯合ニュース】鶏肉加工メーカーのマニカーは23日、年初から10月までに約250トンの参鶏湯(鶏スープ料理)を日本に輸出したと明らかにした。前年の同じ期間の輸出量(127トン)に比べ2倍近く増加した。また同社は、同期間に国内鶏肉業界が日本に輸出した参鶏湯は700トン余りで、前年同期間に比べ約35%増加したと推定している。
 同社が日本向けに輸出しているのは、主に参鶏湯のレトルト製品。以前は在日同胞や留学生、駐在員らを中心に消費されていたが、今では日本人が主に利用する東京の大手百貨店でも販売されるほど消費者層が拡大した。最近の円高現象で日本での価格競争力が高まったのに加え、農水産物流通公社が東京で開催した広報・試食イベントに参加するなど活発な現地マーケティングを展開したことが、人気上昇につながったとしている。また同社は日本の輸入業者と手を組み、東京で参鶏湯と韓国産マッコリ(濁り酒)、豆腐のセットメニューも販売するなど、参鶏湯のアピールに力を注いでいる。

 12月からはレトルト製品より新鮮度がはるかに優れた冷凍参鶏湯を本格的に輸出する。来年からは日本市場での成功を基に米国へも進出し、輸出先を多角化する計画だ。

COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2009年11月24日 11:48
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
政府コロナ対応の世論評価が逆転
漫画「鬼滅の刃」最終巻総合1位
韓国の新規コロナ感染者797人
ジミンの衣装 オークション取りやめ
ソウル市長就任式、コロナで来賓3人
仁川空港が外国人の無入国観光を検討
「アースデー」青瓦台は菜食メニュー
昌徳宮で楽しむ夜間観覧 29日から
川端康成の小説集 韓国で翻訳出版
韓国コロナ余波で昨年10大経済国に
「ヴィンチェンツォ」撮影ロケ地
週間アクセスランキング
俳優パク・チュンフン飲酒運転で送検
21.04.19
仁川空港が外国人の無入国観光を検討
21.04.22
5月から世界のマックでBTSコラボ
21.04.20
「ヴィンチェンツォ」撮影ロケ地
21.04.21
JYPがオーガニック化粧品に出資 
21.04.16
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]