韓国旅行「コネスト」 『太王四神記』は『D−WAR』のドラマ版?。韓国の芸能ニュース
KONEST

『太王四神記』は『D−WAR』のドラマ版?

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
民放・MBCテレビ(文化放送)の時代劇『太王四神記』は、映画『D−WAR』のドラマ版か?10日、ついに公開される『太王四神記』(脚本:宋智娜&パク・ギョンス、演出:金鍾学)が、今年大ヒットした韓国映画『D−WAR』との類似点が多く、強い関心が寄せられている。

430億ウォン(約48億円)の制作費が投入された『太王四神記』は、300億ウォンが注入された『D−WAR』とともに、韓国の歴代ドラマ・映画で最も多くの制作費が投入された大作。公開を控えた時点に、収益の面が懸念された、という共通点もある。『D−WAR』は世界的なレベルのCG(コンピューターグラフィック)に基づいた華麗な映像と、ハリウッド進出という当面の目標がファンの愛国心を刺激し、800万人以上の観客を動員した。

『太王四神記』は放映を控えて、『D−WAR』とほぼ同じ過程を経ている。巨匠監督・金鍾学(キム・ジョンハク)ディレクターと韓流トップスターの?勇俊(ペ・ヨンジュン)が連携しており、「衰退しつつある韓流を蘇らせる」とう目的意識が視聴者の愛国心を刺激し、どのドラマでも見ることができなかった華麗なCGが作品の見どころだ。

世界的なレベルのCGと韓流の再点火にフォーカスが当てられたマーケティングが、韓国内の視聴者にアピールしているのも事実だ。しかし、中身が不十分で、『D−WAR』の二の舞を演ずるのでは、と懸念する声もあがっている。『D−WAR』は、華麗な映像と愛国心のマーケティングに支えられて興行に成功し、ハリウッド進出に青信号がともったものの、いざ内容が充実していない、と指摘されたりもした。

『太王…』の特別編集版を見た人々は「映像は華麗だが、内容と構成がしっかりしているのかは未知数」と、判断を留保した。『太王…』の広報を担当する映画会社スプのクォン・ヨンジュ室長は「内容の面で不十分かもしれないとの見方は『太王…』が最も警戒する部分。放送が遅れた背景に、しっかりとした物語を完備しようとする努力があっただけに、華麗な映像に劣らない内容も期待できるだろう」と語った。

中央エンターテイメント&スポーツ(JES)




COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2007年09月06日 14:04
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
サムスントップの赦免請願広がる
電子渡航認証制度のサイトがオープン
政府コロナ対応の世論評価が逆転
漫画「鬼滅の刃」最終巻総合1位
韓国の新規コロナ感染者797人
ジミンの衣装 オークション取りやめ
ソウル市長就任式、コロナで来賓3人
「アースデー」青瓦台は菜食メニュー
昌徳宮で楽しむ夜間観覧 29日から
川端康成の小説集 韓国で翻訳出版
週間アクセスランキング
電子渡航認証制度のサイトがオープン
21.04.23
仁川空港が外国人の無入国観光を検討
21.04.22
俳優パク・チュンフン飲酒運転で送検
21.04.19
5月から世界のマックでBTSコラボ
21.04.20
「ヴィンチェンツォ」撮影ロケ地
21.04.21
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]