韓国旅行「コネスト」 女性志願兵制度の導入、国防部が公式に検討。韓国の政治ニュース
KONEST

女性志願兵制度の導入、国防部が公式に検討

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル12日聯合ニュース】国防部が女性志願兵制度の導入案を公式に検討していることがわかった。政府高官関係者は11日、国防部が兵役資源不足などを理由に女性志願兵制度の導入案を検討しており、2011年までに検討作業を終え、施行の是非を判断すると明らかにした。
 女性の軍進出は将校や副士官など幹部に限られていたが、一般兵士としても服務できるかどうかを本格的に検討しているというものだ。これまで社会の一角では女性にも兵役義務を課すべきだとの主張があったが、国防部が女性兵役履行案を公式に検討するのはこれが初めてで、強い賛否論争が予想される。

 国防部は、女性志願兵らが男性兵とともに服務するのか、女性が兵士として服務することが適格なのが、女性志願兵制が兵役義務の男女衡平性に合致するのかなどを深く検討していく計画だ。こうした内容を骨子とする女性志願兵制導入検討案を非公開冊子「国防部人事政策書」に反映すると伝えられる。

 これに対し国防部関係者は、2020年以降に兵役志願の減少が予想されており、その代案のひとつとして検討している段階だとし、具体的な案が導出された状態ではないと話している。女性が兵士として服務するにはさまざまな制約があると予想していると、慎重な反応を見せた。

 軍と兵務庁は、現在68万人余りの兵力が51万人余りに減少する2020年以降、現役志願が不足すると予想している。このため、女性志願兵制の導入が決定されるとしても、施行時期は服務期間が18カ月(陸軍基準)に短縮される2014年7月以降の2015~2016年、または2020年以降になるとの見方が出ている。

 政府関係者は「女性を戦闘兵ではなく技術職の方に配置するならば、志願兵制は十分に可能性があるとみている」と話している。

COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2009年11月12日 09:53
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
ソウルなど全国各地に黄砂危機警報 
韓国人「幸福度」コロナ第2波時最低
済州航空日本線の取消変更1回無料に
韓国の新規コロナ感染者525人
チャ・ウヌ 来月オンラインファンミ
新型コロナのセルフ検査キットを販売
Mnetサバイバル番組で感染者確認
こどもの日に株式をプレゼント?
女優ホン・スヒョン 一般男性と結婚
辛ラーメン 海外売上高が増加
週間アクセスランキング
非婚出産のサユリ息子と人気番組出演
21.05.03
女優ホン・スヒョン 一般男性と結婚
21.05.06
ソン・ジュンギ 来月7日ライブ配信
21.05.01
ワクチン接種も278人がコロナ感染
21.05.04
ワクチン接種者 きょうから隔離免除
21.05.05
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]