韓国旅行「コネスト」 イ・スヨン、うつ乗り越え8枚目アルバムで活動再開。韓国の芸能ニュース
KONEST

イ・スヨン、うつ乗り越え8枚目アルバムで活動再開

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル5日聯合】歌手イ・スヨンは4月、生まれて初めて精神科に足を踏み入れた。元所属事務所との訴訟問題で、2年にわたりうつの症状に悩まされていたためだ。しかし薬の服用で食欲が減退し体重が落ち、不眠症にも苦しめられた。
 5月から8枚目のアルバムの収録が始まったが、声にも感情がこもらなかった。イ・スヨンはこの時初めて、歌手をしてはいけないのではないかと思った。メロディがあり、リズムもある、しかし歌に命がない。「魂をこめて歌うのがつらい」と初めて感じたという。「うつの症状になったら、恥じずにとにかく病院に行くこと。無理やり歌って何とかなるというものではないですね」というイ・スヨン。この時に録音した歌は使いものにならなかったが、祈りと治療を経た後は1日1曲ずつという驚くスピードで録音していったという。

 精神的な試練を乗り越えたアルバムのタイトルは「ネリョノウム(下ろしておく)」。信仰心のあついクリスチャンの彼女は、ある宣教師の本を読み、「イ・スヨン」という名にかかわるすべてのことが欲であると悟った。歌を自分のものだと考えていたのは間違いで、健康も一瞬で失ってしまうことがあるように、ある日声が出なくなれば歌手もできなくなる、手にするものがすべて自分のものではないと分かったという。

 三十路を控え、今一度人生を学んだ。アルバムにはこうした心理状態がそっくり現れている。収録曲はトレードマークのバラードから大きく外れてはいないが、全体的にメロディーも軽やかで歌い方でもぜい肉をそいだ。安らかさを感じた。本人は「前と違って聞こえるのは、みんながなじんでいたわたしならではのリズムとグルーブ、また、音の押し引きの幅が大きすぎ歌に緊張感を与えていたのを、すべてを下ろしたため」と分析した。

 タイトル曲「タンバルモリ(おかっぱ頭)」はフォークロックとアイルランド音楽が結びついた異国的な歌だ。イ・スヨンはヘアスタイルもばっさりと切りボブにした。

 アルバム完成で活動を再開するが、これからは芸能界に吹き荒れるバラード戦争に身を投じなければならない。7枚目アルバムまで約300万枚を売り上げ「バラードの女王」と呼ばれようと、アルバム発売のたびに試される気持ちになるのは変わらない。1999年のデビューから9年目、歌手になれたことが自分の人生で最も大きな贈り物だと彼女は語った。

COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2007年09月05日 14:01
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国の新規コロナ感染者658人
きょうから都市部で制限速度引き下げ
セウォル号沈没事故から7年
JYPがオーガニック化粧品に出資 
政府11月まで集団免疫獲得目標維持
南陽乳業に「株価操作」の声
政府報告書「内需不振の緩和」に言及
大統領候補の支持率前検事総長25%
韓国政府が「特別旅行注意報」再延長
パクソジュンら主演映画クランクイン
ハイライトが来月3日にミニ盤発表
週間アクセスランキング
BTS17日にイベント無料配信
21.04.12
女優カン・ソラ 第1子女児を出産
21.04.15
12日から屋内でマスク常時着用
21.04.12
パク・ソジュン10周年ファンミ開催
21.04.15
パクソジュンら主演映画クランクイン
21.04.16
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]