韓国旅行「コネスト」 「アイリス」シナリオ紛争 アインス側「徹底的に対処」。韓国の芸能ニュース
KONEST

「アイリス」シナリオ紛争 アインス側「徹底的に対処」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
KBS(韓国放送公社)2の水木曜ドラマ「アイリス」シナリオ紛争の当事者であるアインスM&M(以下アインス)が徹底的に法的対応する方針を表明した。

アインスのチェ・ジョンサム代表は26日、「泰元(テウォン)エンターテイメント(以下、泰元)の大株主だった鄭泰元(チョン・テウォン)氏が自身の会社を売却した直後、同じ名前の泰元エンターテイメントという会社をまた設立し、アインスの資産であるドラマ『アイリス』のシナリオをそのまま使用し、すでに買収前に取引協議が終わったKBSと日本TBSなどと契約するなど、アインスに莫大な損失を負わせた」とし「『アイリス』のシナリオ無断使用により企業経営および株主利益に深刻な被害が生じただけに、今後、著作権者として法で保障された権利を最大限に活用し、強力に対処していく方針」と明らかにした。

アインスと泰元は現在「アイリス」のシナリオをめぐり著作権紛争を繰り広げている。 アインスは今年1月、泰元を買収し、泰元の権利を継承した。 しかし泰元の鄭泰元代表が「アイリス」をアインスとの協議なくドラマに制作・販売したことを受け、今年8月、裁判所に仮処分申請を提起した。 鄭代表はシナリオ提供会社Aストーリーから「アイリス」の台本を受けて制作を進行した。 一方 アインス側は現在の「アイリス」のシナリオはアインスの所有であり、著作権が侵害されている、と主張している。

これに対しソウル中央地裁は19日、アインスが「アイリス」制作会社の泰元と鄭泰元代表を相手取り裁判所に提起した「アイリス」著作物複製配布禁止仮処分申請(シナリオ使用禁止仮処分申請など)を一部を受け入れている。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2009年10月26日 17:33
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
チェ・テジュン来月18日服務終了へ
カカオ日、韓国に漫画制作子会社設立
ベクヒョンのミニアルバム、ミリオン
韓国の新規コロナ感染者532人
昨年のアサヒビール輸入額が7割減
BTSイベント 視聴者270万人超
きょうから都市部で制限速度引き下げ
セウォル号沈没事故から7年
政府11月まで集団免疫獲得目標維持
南陽乳業に「株価操作」の声
週間アクセスランキング
女優カン・ソラ 第1子女児を出産
21.04.15
パクソジュンら主演映画クランクイン
21.04.16
パク・ソジュン10周年ファンミ開催
21.04.15
韓国政府が「特別旅行注意報」再延長
21.04.16
JYPがオーガニック化粧品に出資 
21.04.16
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]