韓国旅行「コネスト」 タリバン「拉致は成功、今後も続ける」。韓国の政治ニュース
KONEST

タリバン「拉致は成功、今後も続ける」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
拉致から42日ぶりとなる30日(現地時間)、韓国人人質全員を解放したタリバンが「今回の拉致事件は非常に成功的であり、また外国人を拉致する」と明らかにした。

AP通信によると、タリバンのアフマディ報道官は「今回の拉致はイスラム聖戦を遂行するわが戦士の偉大な勝利」とし「われわれはこの方法(拉致)が成功したと考えており、アフガニスタン政府の別の友邦にも同じこと(拉致)をする」と語った。

韓国人拉致事件を総指揮したと伝えられたムーラ・アブドラ・タリバン司令官も先月30日、米日刊紙ワシントンポストとの電話インタビューで‘戦略的勝利’を強調し、米国とアフガン政府を孤立させるための拉致を続けていくと述べた。

アブドラ司令官は「今回の人質事件を通して米国がテロとの戦争で同盟国の国民を支援しないという点を全世界に示した」とし「今回の拉致事件はわれわれの‘戦略的勝利’」と主張した。

また「拉致は敵を圧迫し、お金もかからない優れた戦略」とし「われわれは米国と膠着状態に陥ったアフガン政府を孤立させるため、こうした戦略(拉致)を続けていく」と語った。

先月30日、最後の人質7人のうち1次として4人を引き渡した武装タリバン隊員らは、解放地点で待っていた記者らに「彼ら(韓国人)はわれわれの信仰を変えようとアフガンにきた。アフガン国民は信仰のために命を捧げる。彼らを拉致した理由もこのためだ」と手書きのメモを伝えた。

アフガン・イスラミック・プレス(AIP)はこのメモに「韓国は米国が主導する連合軍を助けるため、200人余の兵力をアフガニスタンに派遣した」とし「人質のうち2人を殺害したのはアフガン政府と米国がわれわれの要求に応じなかったためであり、これは韓国政府が全面的に責任を負うべき問題」と書かれていた、と報じた。

これに関しドバイのガルフ研究センター安保・テロリズム分野研究責任者ムスタパ・アルラニ氏は「タリバンが外交力を確保した。彼らはスポークスマンをおいてメディアを積極的に活用するなど、すでに政治的レベルに進んでいる」とし「タリバンの目的は合法的団体と認められること」と分析した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2007年09月01日 11:23
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国アイドル 1億人を動かす影響力
スーバージュニア 遂に新音盤発売
住居価格高騰で「脱ソウル」ラッシュ
Rain、結婚5年目を打ち明ける
「ミナリ」 公開初日に動員数1位
新規コロナ感染者数424人
俳優ジス 過去の暴力への謝罪文掲載
韓国20代、史上最悪の就職氷河期
家飲み増加でワイン輸入が過去最高
韓国、ワクチンパスポート導入慎重に
週間アクセスランキング
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
3月から留学生健康保険の加入義務化
21.02.26
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]