韓国旅行「コネスト」 「言語障壁のない都市」に生まれ変わる安山市。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

「言語障壁のない都市」に生まれ変わる安山市

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
先月29日午前11時ごろ、京畿道安山市元谷洞(キョンギド・アンサンシ・ウォンゴクドン)の住民センター。 ウズベキスタン出身のエレナさん(26)が困った表情を浮かべていた。 彼女は滞在期間の延長について尋ねたかったが、韓国語がうまく話せず、意思疎通ができなかったのだ。 住民センターにはロシア語を話せる職員がいなかった。 すると担当職員のパク・ジョンヒさん(37)が「少し待ってください」というジェスチャーをし、どこかに電話をかけた。 そして受話器をエレナさんに渡した。 彼女は受話器から聞こえてくるロシア語に喜び、用件を話した。 受話器を受けたパクさんはようやくエレナさんの用件を理解し、書類を処理した。

2人の間を取り持ったのは無料通訳ボランティア運動のbbbだった。 安山市は昨年末、社団法人の韓国bbb運動と協力システムを構築した。 パクさんは「bbbを活用し始めてからは外国人相手の業務処理が容易になり、外国人も喜んでいる」と話した。

国内で外国人居住者が最も多い安山市が「言語障壁のない都市」に変身している。 現在、安山市居住の外国人は登録された人だけで160カ国・3万4000人にのぼる。 中国人が最も多く、インドネシア、ベトナムが後に続く。 未登録外国人を合わせると6万−7万人と推定される。

このように多くの言語が共存するが、何か手続きをする際には言葉の障壁にぶつかるケースが多かった。 安山施設管理公団のキム・ジョンファン・チーム長は「住民センターで中国出身同胞を通訳ボランティアとして活用することもあるが、他の言語はボランティアメンバーを求めるのが難しい」と述べた。

このため安山市が注目したのがbbbだった。 昨年末の協約締結後、安山市はbbbカード2万7000枚を作成し、住民センターと公共機関に設置した。 ポスター1100枚もあちこちに貼った。 安山市傘下の公共機関の職員はbbbカードを1枚ずつ所持し、利用教育も実施した。 市が管理する案内電光板も活用した。

効果はすぐに表れた。 2月初め午前3時ごろ、ひどく陣痛を感じたタイ人女性が付近の産婦人科へ行ったが、言葉が通じなかった。 このため産婦人科側はbbbの支援を受け、女性は無事に出産を終えた。 深夜時間に道に迷った外国人に宿舎を紹介するケースも多い。

安山市は今後1800カ所にポスターを設置し、公共機関の職員の車にも広報ステッカーを貼り、大々的な広報を続ける計画だ。 朴柱源(パク・チュウォン)安山市長は「bbb運動を通じて安山市を言語障壁がない言語疎通一等都市にしたい」と述べた。

◇bbb運動=「before babel」(バベルの塔以前の時代)と「brigade」(団体)を合わせた言葉で、人類が一つの言語で通じたというバベルの塔以前の夢見る言語・文化ボランティア運動。 1588−5644に電話をすれば英語・中国語・マレー語・ベトナム語など17言語の外国語ボランティアが通訳してくれる。
 
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2009年10月05日 16:38
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
サムスントップの赦免請願広がる
電子渡航認証制度のサイトがオープン
政府コロナ対応の世論評価が逆転
漫画「鬼滅の刃」最終巻総合1位
韓国の新規コロナ感染者797人
ジミンの衣装 オークション取りやめ
ソウル市長就任式、コロナで来賓3人
「アースデー」青瓦台は菜食メニュー
昌徳宮で楽しむ夜間観覧 29日から
川端康成の小説集 韓国で翻訳出版
週間アクセスランキング
電子渡航認証制度のサイトがオープン
21.04.23
仁川空港が外国人の無入国観光を検討
21.04.22
俳優パク・チュンフン飲酒運転で送検
21.04.19
5月から世界のマックでBTSコラボ
21.04.20
「ヴィンチェンツォ」撮影ロケ地
21.04.21
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]