韓国旅行「コネスト」 偽物ウイスキーを携帯電話でチェック。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

偽物ウイスキーを携帯電話でチェック

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
偽物のウイスキーが消える日が迫っている。 無線認識技術(RFID)を利用して偽物を見分けるシステムが段階的に導入されるからだ。

国税庁はウイスキーの流通経路を追跡できる「酒類流通情報システム」を10月1日から年末にかけて試験運営する。 昨年の1回目の試験運営は、首都圏の一部の店でウイスキー1種類を対象に実施された。

今回の試験運営の対象はソウル江南(カンナム)地域の1045店、これらの店と取引する酒類卸売150業者に増える。 この技術を適用するウイスキーは200万本で、ウインザー12・17年(ディアジオ・コリア)、インペリアル12・17年(ペルノ・リカール・コリア)、スコッチブルー12・17・21年(ロッテ七星飲料)。

製造会社はウイスキーを製造する際、ボトルの栓の内側に商品情報を含む電子タグを付着する。 消費者は飲み屋に設置された認識機に携帯電話をつなげ、ボトルを開ける前に電子タグに当てると、ウイスキーが本物かどうかを確認できる。 携帯電話の画面に製造会社や容量などの情報が表示されれば本物で、何の情報も出てこなければ偽物ということだ。 電子タグはボトルの栓を開ければ破損され、二度と使えなくなる。

国税庁は来年、ソウル全域に対象を拡大した後、2012年には国内で生産されるすべてのウイスキーに電子タグを付着する計画だ。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2009年10月01日 15:26
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者416人
ワクチン接種 開始9日で30人万超
「社会的距離」草案4段階に簡素化へ
ホン・サンス監督ベルリン脚本賞受賞
電車でハンバーガー食べた女性を立件
ソウル五輪主題歌歌手 がんで死去
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
出入国・外国人管理機関訪問予約制に
ワクチン副反応が新たに860件
BTSグローバル・アーティスト1位
週間アクセスランキング
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
21.03.05
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
コロナ終わった?3連休で各地賑わう
21.03.02
韓国アイドル 1億人を動かす影響力
21.03.04
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]