韓国旅行「コネスト」 李大統領「北の両面的な態度に一喜一憂しない」。韓国の政治ニュース
KONEST

李大統領「北の両面的な態度に一喜一憂しない」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
李明博(イ・ミョンバク)大統領が11日、北朝鮮の臨津江(イムジンガン)無断放流に言及し、現政権の対北朝鮮基調を改めて強調した。 北朝鮮の過ちは堂々と指摘するものの、対話は続けるという原則だ。

李大統領は外交安保諮問団を招待した朝食会で、「無断放流で国民が犠牲になったのは遺憾」とし「北朝鮮の行動が韓国国民の生活と安全に直結していることを改めて確認することができた」と述べた。 また李大統領は「最近北朝鮮が両面的な態度を見せている。これは北朝鮮をめぐる情勢が流動的であることを見せている」と診断した。 「こういう状況が北朝鮮の核問題に新しい転機をもたらす機会になりうるという点でプラスの側面もある」とも評価した。

李大統領はこの日、故金大中(キム・デジュン)元大統領逝去後にソウルを訪れた北朝鮮特使弔問団との会談内容も紹介した。 「北朝鮮が核放棄を決心すれば経済を画期的に向上させられるよう国際協力を推進するということを説明しながら、『誠意ある対話が前提になれば、南北関係は進展する』という点を強調した」と伝えた。

こうした李大統領の発言に関し、ある出席者は「李大統領は臨津江放流に対して謝罪を北朝鮮に促すべきだが、今回の事態で生じた対話の機会は機会として生かしていくという考えのようだった」と伝えた。

外交安保諮問団もこの日、「北朝鮮の挑発に断固として対処するものの、対話のモメンタム(契機)は生かしていくのが望ましい」と助言したという。

李大統領は「状況に一喜一憂せず、一貫性ある堂々とした対北朝鮮基調を維持していく」とし「20−30年が過ぎた後に振り返っても‘当時はうまくやった’という評価を受けるよう政策を立てるべきだ」と述べた。

政府はこの日、権泰信(クォン・テシン)総理室長主宰で次官会議を開き、臨津江下流に建設中の郡南(グンナム)ダムの増築を検討することにした。 また2012年完工予定の漢灘江(ハンタンガン)ダムの早期完工も検討し、南北接近地域の水路監視のために無人偵察機などを導入することにした。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2009年09月12日 09:46
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
JYPがオーガニック化粧品に出資 
政府11月まで集団免疫獲得目標維持
政府報告書「内需不振の緩和」に言及
大統領候補の支持率前検事総長25%
韓国政府が「特別旅行注意報」再延長
韓国の新規コロナ感染者673人
パクソジュンら主演映画クランクイン
ハイライトが来月3日にミニ盤発表
女優カン・ソラ 第1子女児を出産
キューブ 新グループデビューを予告
週間アクセスランキング
BTS17日にイベント無料配信
21.04.12
女優カン・ソラ 第1子女児を出産
21.04.15
12日から屋内でマスク常時着用
21.04.12
パク・ソジュン10周年ファンミ開催
21.04.15
ユン・ヨジョン英アカデミー賞受賞
21.04.12
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]