韓国旅行「コネスト」 ルー・ゲーリック病の役作りで20キロも減量したキム・ミョンミン(1)。韓国の芸能ニュース
KONEST

ルー・ゲーリック病の役作りで20キロも減量したキム・ミョンミン(1)

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
 俳優キム・ミョンミン(37)が戻ってくる。

時代劇「不滅の李舜臣(イ・スンシン)」や「白い巨塔」「ベートーベン・ウイルス」などドラマごとに特有のキャラクターを強く印象付け、独自の演技力をアピールさせてきたキム・ミョンミン。

9月24日に公開する映画「私の愛、私のそばに」(パク・ジンピョ監督)でルー・ゲリック病(ALS=筋萎縮性側索硬化症)の患者、ジョンウ役をリアルに演じた。ルー・ゲリック病は意識と感覚は生きているのに全身がまひしていき、死に至る難病。「世の中で最も残酷な病気」とされる。

同作品でキム・ミョンミンは20キロをも減量する厳しい演技に挑戦した。チェ・ミンシク、ソン・カンホ、ソル・キョングらを受け継ぐトップスターの演技派キム・ミョンミンだが「今回の作品だけは自信がまったくない」とした。

自身の存在をきれいに消し、劇中人物に完全に溶け込む「メソッド演技」で有名なキム・ミョンミンの挑戦は、不眠症の患者役のため30キロも減量したクリスチャン ・ベール(「マシニスト」)のようだといわれる。

9日、ソウル鐘路区三清洞(チョンノグ・サムチョンドン)のカフェで彼に会った。182センチ、72キロの体格を52キロに減らし「痩せこけた」彼は、撮影が終わってから3カ月後に10キロを取り戻したと話した。しかし依然、元気のない表情で「まだ体が正常でないから、現実のキム・ミョンミンと劇中の配役で混乱してしまう」とした。ルー・ゲリック病はこれまで映画化されたことがない。凄まじい闘病の過程を演技できる俳優がいなかった。

「監督に、本当に自信がないと話した。しかし状況が僕が演じる方向に流れた。運命のように迫ってきたというか」。

撮影期間の3カ月は苦痛の連続だった。

「準備期間をもってダイエットをするのではなく、発病してから日増しに病気が進むのだから、撮影中にずっとダイエットを続けた。毎日1キロ、0.5キロずつ痩せなければいけなかった。生放送でドキュメンタリーの撮影に臨んでいるかのようだった」。

いくら食事抜きにしても睡眠を取れば痩せなくなる。1日2時間以上睡眠を取れなかった。だからうつ病になり、うつ病になるとさらに寝られず、食べられなくなった。撮影終了から10日前に監督から「これ以上痩せるな、死にそうだ」と言われたという。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2009年09月10日 11:10
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者数356人
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
韓国11月までにコロナ集団免疫目標
ワクチン初日に1万8489人が接種
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
「KCON:TACT3」出演者決定
1月の映画観客数と売上高 過去最低
コロナ防疫レベル2週間据え置き
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
週間アクセスランキング
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
INFINITEのエル海兵隊に入隊
21.02.22
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]